注目ワードピーマンピリ辛いかネギ塩とうもろこし

Nadia Artistのレシピ数:36,047レシピ

Nadiaからのお知らせ

Nadiaからのお知らせ

特集&おすすめコンテンツ

特集&おすすめコンテンツ

2017.07.21更新
  • 豊田 亜紀子

    豊田 亜紀子

    お庭で育てている唐辛子が大きくなってきました♪

    ​子育てに翻弄したこの十数年・・・ でも、気が付いたら すっかり「ゆとりのお母さん」になっております。 今の自宅に住んだ当初は、 ご近所でも『新人さん』をやっていましたが ​16年以上も住むと、今の私は すっかり『ベテラン地域住民』でございます。 相変わらず、の~んびりと ​なんの焦りも感じておらず、 ​自宅の庭でガーデニング等、楽しんでおります。 春には優雅にバラを楽しんで、 ワイルドストロベリーをパクついたり・・・♪ そして、そんな季節に植えたのが下写真の『唐辛子』の苗。 ​  ↓   ↓   ↓ 苗が大きくなってきたんですが、そんな矢先に あーーーっ!!! ​  ↑  ↑  ↑ 一番、初めに付けた実が落下。。。(笑) でも、以前、農家の人に聞いた話によると、 ​スイカでも、唐辛子でも、何の野菜でも、 一番最初に付けた実って、一番(味が)マズいんだそうです。 ​なので、 この一番花の唐辛子は、潔く自分から落ちて 私たち家族においしい唐辛子を食べさせて くれようとしているんだなぁ~と思いました。 そして、そのおいしいであろう唐辛子は、 今、こんなに大きくなって、 その後、赤く色付き始めています。 ちょっと甘めで大きく育つ品種なので ​テラコッタが、少々、小さ過ぎました。。。 ​この唐辛子は、 『手作りスイートチリソース』を 作るために植えたのです。 今年は、自家製の唐辛子を使って ​東南アジア料理作りを楽しみたいと思います♡

  • 楠みどり

    楠みどり

    『おしゃれで便利なキッチンアイテム』コラムが公開になりました!

    Nadia記事にて、僭越ながら私のお気に入りのキッチングッズについてコラムを書かせて頂きました。 今はお洒落で便利なキッチングッズがたくさんありますよね。 私は、最新家電や最新のキッチングッズには疎いのですが、長年愛用していて愛着のあるキッチングッズはたくさんあり、どれをご紹介しようか正直かなり悩みました。 そこで今回は、このブログの中で、コラムではご紹介しきれなかった、私の愛用キッチングッズについて書かせて頂きたいと思います。 写真のナイフは、パンや果物を切るのに便利な『ウェンガーナイフ』。 このナイフは、フードコーディネートの勉強をしていたスクールで、校長先生の粋な計らいで、受講生は特別に名前入りで購入できたもの。 よーく見ると、私の名前が入っています^^ フードコーディネートの学校を卒業してから10年近く経ちますが、今でも愛用しています。ハード系のパンもすんなり切れますし、オレンジやレモンなどもきれいにカットできます。 続いて、以前このブログ内でも書いたことがあるのですが、包丁で有名な京都『有次』のバターナイフ。キッチングッズというより、カトラリーなのですが、誕生日に友人にプレゼントしてもらって以来、ずっと大事に使っています。こちらも名前入りなのです^^ そして・・・ 今年の誕生日に新たに仲間入りしたのが・・・ 『有次』のスプーン♥これまた名前入り(笑) バターナイフと一緒にまた宝物が増えました。 ウェンガーナイフにしても、有次のカトラリーにしても、使い勝手の良さはもちろんなのですが、名前入りだと特別感が増し、愛着がわきますよね。 朝食の時間や料理をする時間が楽しくなる、私のお気に入りをご紹介させて頂きました。 これからもずっと大事に使い続けていきたいと思っています。

  • 管理栄養士 沼津 りえ

    管理栄養士 沼津 りえ

    7月10日~15日女子高生弁当日記

    おはようございます。 東京の梅雨もあけました。 土用干しのタイミング! ワクワクします。 さて、先週の女子高生弁当です。 先週は長女の高校の高校野球の予選でした。 最後まであきらめずに戦う仲間を応援できた経験が出来たこと。 長女の財産になりました。 おにぎり持参の日が一日ありました。 ので写真ナシ。 一日は次女弁あり。 ★7月10日(月) <弁> ・ササミのカリカリチーズ焼き ・お手軽ナポリタン(cook最強レシピ) ・ねぎ入り卵焼き <夜> ・茄子の牛肉巻き巻き焼き ※塩もみした茄子を巻くと焼きが早いです。歯ごたえもよい。 ・ささみのオイル漬け(ちょこっとだけ漬けものp75) ・オクラみょうがのっけ冷ややっこ ・しめじとワカメの味噌汁 ★7月11日(火) <弁> ・とんかつゴマタレ ※ご飯の上に大胆にのっけました。 炒りゴマを最後にちらすとなんだかおしゃれ?になるね。 ・小葱入り卵焼き ・ほうれん草とハムのナムル ※ごま油と塩をあわせただけ <夜> ・鰆の西京焼き ・ズッキーニと豚肩ロースのハーブ塩グリル ※輪切りにしたズッキーニとテキトーに切った豚肉をオリーブオイル・ドライハーブ・塩をまぶしオーブンで焼いただけ。ネーミングだけはそれなり。 ・レバーのたっぷり生姜煮 ※鉄分補給 ・葉野菜たっぷりサラダ ・茄子の味噌汁 ★7月12日(水) <弁> ・さわらの西京焼き ※前日のものをちょこっと取り置き ・ササミのオイル漬けとキャベツしめじのサラダ ※卵焼きの横でキャベツとしめじをサッと炒めてオイル漬けと合わせました。 粒マスタードを少々。 <夜> ・ロール餃子 ※大ヒット!油揚げを広げて海苔巻きの様に餃子の具を巻いてフライパンで焼く。 一口大に切り盛りつけ。 簡単で油揚げのコクでウマイ。糖質off。 ・きゅうりとキャベツ・ツナのサラダ ・ところてん ・かきたま汁 ★7月13日(木) <弁> ・鶏むね肉の磯辺揚げ焼き 青のりの香りが好き。 ・ねぎときざみハム入り卵焼き ・ちくわのわっか ※なんだか寂しかったので輪切りにしたちくわをピックでさしてみました。 ・キャベツときゅうりのツナサラダ ※つくりおき <夜> ・フライパンで作るロールキャベツ ※ひき肉の半分を鶏挽肉にしました。 さっぱりとして美味しい!脂質off。良質のたんぱく質。 ・いかそうめん ※なんだか急に食べたくなり・・思わず。 ・もずく酢きゅうり ・ササミのオイル漬けサラダ ・ほうれん草と卵白のかきたま汁 ★7月14日(金) <弁> 高校野球応戦でおにぎり ※前回お弁当にしたら立って食べられるものでと・・ 生姜焼き入りおにぎり2個。 <夜> ・ホルモン、豚肉の野菜炒め ※野菜炒めを美味しくカンタンに作る方法近日中アップしますね。 ・おかひじきの酢の物 ・ししゃも ※急に食べたくなり・・・つい買いました。 ししゃも大好き。 ★7月15日(土) <弁>2人分 ・豚肉とジャガイモの甘辛ごま炒め ※じゃがいもをあらかじめレンジで柔らかくしておけばラク。 味も絡みやすい。 ・ちくわの磯辺揚げ ※次女が大好き ・ねぎしらす入り卵焼き ・茹でたオクラ ※輪切りにして散りばめる。これだけでなんかがんばった風なイメージ弁へ変身。 週末ごはんの記憶が・・・ 記録していないと忘れちゃいますね。。。 たしか・・・ 茄子など色々野菜と豚肉・鶏肉を焼いて作った 焼南蛮漬けをたくさん作り置きしたんだった。 暑いときにメインが作り置きだと楽ですね。 今日が終業式の我が家・・・ と、言っても次女は明日から一週間補習授業で毎日登校&部活(お弁当) 長女は明日から2泊3日で勉強合宿とやらに・・ホテルに3日間こもって勉強。 もどったら毎日部活(弁当) と夏休みアッという間に終わりそうです。 夏バテしないように乗り切ろう・・・子供も親も。 ではまた来週!

  • Nadia編集部

    Nadia編集部

    アプリの使われていない機能を開発担当がご紹介

    はじめまして。 Nadiaアプリ開発担当の菊地と申します。 アプリをあまり使っていない人のために、「こんな機能もあるよ」的なことをお伝えしようかな〜と思います。 ということで第1回目は、全く使われていない機能その1「音声操作機能」についてご紹介。 アプリでレシピを見ながらお料理するのだけど、お料理中は手が汚れているからスマホに触りづらいわ♡ なんて奥様、安心してください。こいつが全て解決します! なにそれ?おいしいの?って人のために一言で説明すると、「声でアプリを操作できる機能」です。 ハンバーグをこねたはいいけど、この後どうするんだっけ? うわ、手が挽肉まみれだ! 手を洗わないとスマホが肉まみれになってスマホバーグになっちゃうわ。 無残な結果に。(栁川さんごめんなさい) こんなことよくありますよね? ところが、こいつがいれば大丈夫。 マイクのボタンをポチッと押してから「作り方」って話しかけてあげてください。 触ってもいないのにシュッと動いてくれちゃうんです! これで美味しい栁川さんのハンバーグが作れちゃいますね! (https://oceans-nadia.com/user/11285/recipe/136889) それに「作り方」だけじゃないですよ。 「材料」でもOK! 作ってる途中で材料を確認することだってよくありますもんね! 「上」「下」って話しかけてあげれば、ちょっと上に、ちょっと下にも動いてくれます! これでお手軽に、スマホを汚さずにお料理しちゃいましょう!! でも、デメリットがあるのは確かです。 1, 雑音が大きいところでは使いづらい  声で操作するということは、雑音が大きいと声が届きにくいのは確か。  こればっかりはiPhoneの性能の問題とかもあるので、これからのAppleさんに期待です。 2, 滑舌が悪いとうまく動かない  「上!」って言ってるのに、「ウェイ」と表示されてしまう人もいました。  唐突なパーリーピーポー発言にSiriも困惑していることでしょう。  でも、これちょっとイライラしちゃいますよね。  これを解決するのは私の仕事。「ウェイ」だったら「上」と言っていると判断してしまうように作ってしまえばいいのです。  こういった微調整を日々コツコツやっています。  (いきなり自己主張すいません) 3, 独り言を言いまくってると勘違いされがちなので、家族にちょっと心配される。  これが結構つらい。 1 が原因でムキになって大きな声で「ざいりょぉぉおおお!!!」なんて叫んでると、事情を知らない家族から心配されてしまいますね。  家族には、予めこの機能があることを説明しておくことをお薦めします。 コツ 滑舌に自信がないあなたにちょっとしたコツをご紹介。 滑舌が悪い方は、下にいって欲しい場合「下」ではなく思い切って「下北沢(しもきたざわ)」と言ってみましょう。 下にスクロールするはずです。 なぜかって?それは、話した言葉の中に「下」という文字があったら「下」って言ったと判断するように作っちゃったからです。 だから「上野」といえば上にスクロールするし、「下々のものたち」といえば下にスクロールしちゃうんです! ※家族から余計に心配される可能性があるので、取り扱いには一層の注意が必要です。 以上、ざっくりとご紹介させていただきましたが、音声機能はいかがでしたか? 便利そうだけど、ぶっちゃけあまり使ってもらえていないのも確か。 ブログをご覧のどうかみなさま、使っていただいてざっくばらに良し悪しのご意見をください! 今後に役立たせていただきますのでよろしくお願いします! 最後に豆知識 「こんにちは」って話かけて見てください。 リアクションがもらえますよ。 こんな感じでいくつか隠しコマンドがあるので、そちらも是非探して見てくださいね!

  • 横田 尋香/ひなちゅん

    横田 尋香/ひなちゅん

    マルミツポテリ 2017展示会に参加してきました

    7/3 マルミツポテリさんの本社にて行われた「2017展示会」に参加してきました。 マルミツポテリと言えば、STUDIO M’やSOBOKAIの器! Nadiaアーティストの皆さんももちろんご存知の方、器を持っていらっしゃる方も多いことでしょう。アップされるNadiaレシピの写真でもよく見かけますね。 今回のテーマは『二十四節気』。 日本には二十四の季節があり、それぞれの特有の行事や旬の食材があります。それらを感じることによって、より暮らしを豊かにすることができる、というもの。 そんな季節に合わせた器の見せ方や、選び方・使い方そして、料理を美しく見せるためのスタイリングについて学びました。 二十四節気に合わせた器の展示の説明を受けたあとは、社員食堂にて昼食です! 用意していただいた昼食はこちら。 とても美味しそう!お腹がすいたな~と参加者のテンションも上がりましたが、すぐには食べられません(笑 用意していただいた美味しそうな昼食の前に、お手本にそってまずは自分たちでスタイリングをするところから始まります。 スタイリングが完成したらようやく盛り付け。すべて自分たちで行います。 季節を感じ、それに合わせた器を用意し、スタイリングするところから料理は始まっているのだと、改めて感じた1日でもありました。 今回、購入させて頂いた器があります。藍色のおちついたお皿です。 まだまだスタイリングについては学ばなくてはなりませんが、まずは早速お料理をしてみました。 レシピはこちら。<ごまだれ冷やし肉うどん> https://oceans-nadia.com/user/11375/recipe/172842 この記事ではご紹介しきれないほどの素敵な器の数々、展示会の様子は ひなCafeStyleのブログでも書いています。よろしければぜひご覧くださいね。

新着活動・仕事

新着活動・仕事

  • ゆきこ(pastis009)

    【2017.07.16】ゆきこ(pastis009)

    【雑誌・WEB掲載】只今発売中!『クックパッドマガジン vol.13』掲載

    クックパッドマガジン vol.13 「私がつくれぽしたレシピ」のページに掲載していただきました。 まぁ!さんの『毎朝食べる♪マッシュルームトースト』をご紹介してます。 6年ほど前につくれぽしたレシピですが、オシャレなトーストで、香りよく美味しかった感動を今でも覚えています。 店頭で見かけたら、お手にとってみてください!

  • 崎野晴子

    【2017.07.15】崎野晴子

    【出版】監修協力本「歴メシ!」発売(7/24)

    柏書房から7/24に発売される「歴メシ!(遠藤雅司:著)の第5章(ルネサンス料理)においてイタリア料理文化史、料理エッセイの校正に協力させていただきました。 「歴メシ!」は作者の遠藤さんが主宰する歴史料理イベント「音食紀行」で作られた“歴史再現料理”のレシピにエッセイを合わせた新しいタイプの料理本。 メソポタミア、古代ローマ、ルネサンス…と中世、古代にさかのぼりながら当時の人々が食べていたレシピを現代人に美味しく再現していきます。 エッセイでは大学教授から歴史研究家、リュート奏者…など多彩なスペシャリスト達がバックアップ。歴史、文化、料理といったあらゆる側面から脇を固め、エッセイに奥行と正確さをプラス。 私も少しでもよい本に、とご協力すべくイタリア料理文化史の流れ、年代等の精査にご協力させていただきました。 第5章のルネサンス料理では巨匠「ダ・ヴィンチ」にスポットライトを当てつつ、フィレンツェの貴族の贅沢な食卓から、彼らの食生活に革命をもたらす賢人、プラーティナの食への想いがつづられます。そしてそんな貴族達の館を行き来しながら生きたダ・ヴィンチの食生活を浮き彫りにしていきます。 “歴史”と“料理”をキーワードに、芸術、文化、音楽といった幅広いカテゴリーにまで及ぶ「歴メシ!」の世界観は必見です。 東京を中心に地方、津々浦々まで“地方公演”まで実現するエネルギッシュな「音食紀行」にも注目です! 「歴メシ!」発売は7月24日、書店ほかamazon、楽天ブックスなどでぜひお手に取ってご覧くださいませ。 「歴メシ!」(柏書房) http://www.kashiwashobo.co.jp/book/b307564.html

  • sumisumi

    【2017.06.30】sumisumi

    【企業向けレシピ開発】森永乳業NEWの森レシピ更新しました「2層のカップレアチーズケーキ」

    森永乳業さんのNEWの森にてミルクジェンヌとしてレシピ提供しております。 ▼ひんやり涼しげ♪ブルーベリージャムの2層のカップレアチーズケーキ http://newnomori.jp/recipe/milkjenne_recipe/8007/ ミキサーで作る簡単グラススイーツです。 一気に大量に作りやすいので、夏のおうちパーティーにもおすすめ! 冷して召し上がってください♪ ★sumisumi 「くまと料理と、時々、色々。。。」 http://ameblo.jp/kumakumasumi

  • 豊田 亜紀子

    【2017.06.27】豊田 亜紀子

    【雑誌・WEB掲載】レシピ掲載『男子が好きながっつりごはんBEST100』レシピブログ×宝島社

    6月27日に宝島社さんから発売になりました レシピブログ『男子が好きながっつりごはんBEST100』 にレシピを掲載して頂きました。

  • 榎本 美沙

    【2017.01.29】榎本 美沙

    【料理教室開催】荒川区様 “ごちぼう”料理教室  非常食を使ったレシピ開発と中高生向け 料理教室

    ■2017年1月 ■実施内容 レシピ制作、料理教室 ■レシピ内容 防災食を「ごちそう」に変える中高生向けレシピ

  • a

    皮がパリパリ!油淋鶏(動画あり)

    ごはんもススム、家庭でも大人気の油淋鶏。 油淋とは油をかけて調理するところからついてますので、今回は家庭でも比較的簡単に、でも本格的な作り方の要素を入れたレシピにしました。 工程はいくつか短縮することが可能ですが、より美味しく作りたい場合は是非参考にしていただければ嬉しいです。 ◆WEBで通える料理教室 https://www.youtube.com/channel/UCJYkncbjfGE
おすすめNadia Artist

おすすめNadia Artist

  1. 崎野晴子

    崎野晴子

    料理編集者としてオリーブオイルのレシピページ他、料理、健康情報について執筆、作成を行う。退職後イタリアに料理留学し、フィレンツェ、ボローニャ、モデナ他各地で郷土料理と食文化について学ぶ。 スローフード協会(Master of Food)にてオリーブオイル、バルサミコ酢、チーズ、有機食材のディプロマを取得。 専門誌、ウェブサイトなどのメディアにてイタリア・国内での取材記事ほかフードコラムを執筆。 企業向けのレシピ開発は広告制作(編集、ライティング)から撮影、調理、スタイリングまで行っています。 * * * イタリア料理から学んだ素材の味を大切にする調理をベースに、和洋中問わず、作りやすく体にやさしいレシピを作成しています。

    Follower:1Recipe:16

編集部からのコメント

料理研究家、イタリア食文化研究家。料理編集者を経てイタリア各地で郷土料理と食文化を学び、料理家に転身。素材の味を活かした、シンプルで美味しく作れるレシピが人気。

ページの先頭へ