注目ワードしめじサケ里いも混ぜごはんわかめ

魚の基礎  | 魚のさばき方・下ごしらえ

いかをさばく

キーワード:
いか

いかは、さばく手順が多いですが、一度覚えてしまえば簡単にさばくことができます。調理法によっては、皮をむかずに使う場合もあります。

 

いかは、ほぼ手だけでさばくことができます

1.胴の中に指を入れて、わたと胴を少しずつはずしていきます。

2.足とわたを手で持ち、静かに引き抜きます。

3. 胴の内側にはりついている軟骨を引っ張ってはずします。いかを皮つきのまま使うときは、この状態から調理します。

4.いかの皮をむいてから調理するときは、えんぺら(いかの胴についたひし形のヒレのこと)を取ってから皮をむきます。まず、えんぺらをつかみ、引きながらはずしていきます。

5.皮のさけ目から皮をめくるようにしてはがし、くるりとむき取ります。いかの胴の処理はこれで終わりです。

6.わたと足を処理していきます。塩辛など、わたを使うときは、すみ袋を取り、先端についている内臓を切り落とします。

7.いかの目の上に包丁を入れ、わたを切り離します。

8.目の下に包丁を入れ、足を切り離します。

9.くちばしを取ります。足の切り口を下から指で押し、中にあるかたい「くちばし」を取りはずします。

10.足は、料理に合わせて2~3本ずつに切り分けます。

ページの先頭へ