Nadia Artistのレシピ数:31,485レシピ

清水えり

清水えりさんのプロフィールページ

土用の丑は今年は1日だけなのかな?

土用は季節の境目ごとにあるのですが、夏の土用は特に体調を崩しやすかったり

夏バテしやすかったりで栄養をつけて元気に夏をのりきろう!と

いろいろ食べたらいいと言われるものがありますね。

(土用は薬膳でも食材選びや体調をみるにのに使う、陰陽五行説からきています。)

 

特に鰻は江戸時代のコマーシャルがうまくいって、今でも

土用の丑の日といえば鰻のイメージ。

 

あとは「う」の付くものがいいとのことで

瓜(確かに体の熱を取るのでGood)とか

うどん(これはどうなの?と思いましたが小麦も熱をさまし、夏の不眠に効きます!)とか

梅干(これもよぶんな発汗を抑えたり食欲増進なのでGood)とか。

ほかにも土用シジミと呼ばれ、冬と並んで今の時期のしじみは栄養がたっぷり。

疲労回復によいタウリンなどアミノ酸が豊富で煮汁に溶け出すので

吸収もよく、鰻より精をつけるにはおすすめな気がします。

薬膳でも肝や腎に効いて汗をかくと足りなくなる気や血も増やして

疲労回復にもアンチエイジングにもメタボにもよいという・・

ということで我が家の今日のお夕飯は

薬味やきゅうりたっぷり、鰻ちょっとでさっぱり寿司ごはんに

シジミと豆腐の冷やし赤出汁、冬瓜の椎茸あんかけ(干し椎茸も疲労回復に)

冬瓜の皮のきんぴら(皮にこそ薬膳効果あり)の予定です。(写真なしかよっ)

 

 

で、最後に今年の梅仕事。

梅に見えるけど梅じゃない((笑)

答えはこちらで!


ページの先頭へ