Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. とろとろ大根のうま塩煮【#作り置き #煮るだけ #やみつき】

    とろとろ大根のうま塩煮【#作り置き #煮るだけ #やみつき】 1分前

    220人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. 大量消費☆大根と厚切りベーコンのごま油炒め

    大量消費☆大根と厚切りベーコンのごま油炒め 8分前

    106人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. カリッともちっと美味しい♪ニラキムチーズチヂミ

    カリッともちっと美味しい♪ニラキムチーズチヂミ 9分前

    114人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. 鶏と大根のオイスター味噌煮込み。

    鶏と大根のオイスター味噌煮込み。 11分前

    119人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. むね肉de味噌漬けチキン【#作り置き#冷凍保存#マヨ不使用】

    むね肉de味噌漬けチキン【#作り置き#冷凍保存#マヨ不使用】 12分前

    182人がこのレシピをお気に入りにしました!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

混ぜるだけ!大根の梅肉あえ

3
あえものの
人気レシピはこちら!

ランキングをもっと見る

2018.12.01

分類副菜

調理時間: 3分

ID368956

横田 尋香/ひなちゅん

ひなCafeStyleレシピ帖

梅の酸味でお箸の進みもばっちり!
ちょっとあると嬉しい箸休め。お鍋のおともやお酒のおつまみとしてもどうぞ。

作り置きOK!
大根がたくさんあるときにぜひ!!

あえもの もう一品のおかず・小鉢 大根 削り節 節約 時短 秋冬野菜 お漬物 シニア 紫蘇 簡単レシピ おつまみ かつお お弁当作り置き 子供 簡単 作り置き 保存 ヘルシー 箸休め 梅肉 日本酒に合うおつまみ

このレシピをブログで紹介する

材料4人分
A
大根 5cm(140gほど)
A
完熟梅 2個
A
かつお梅を購入したときの紫蘇 適量(なくても可)
作り方
Point!
完熟梅のかわりに、チューブの梅肉(市販品)を使用しても同様に作れます。 今回は、かつお梅を購入した時の紫蘇を足していますが、別途削り節を混ぜ合わせても美味しく作れます。
  1. 大根は皮をむき、3~5mm幅で薄くいちょう切りにする。
    完熟梅は種を取り除き、包丁の背でたたく。
  2. ボウルにA

    大根 5cm、完熟梅 2個、かつお梅を購入したときの紫蘇 適量

    を入れる。
  3. 全体をよく混ぜ合わせる。
  4. すぐに食べない場合は、保存容器に入れ冷蔵庫で保存してください。
    大根のシャキシャキした食感は時間とともに薄れますので、早めに食べきりましょう。
2 82
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】スイーツを作って適度に糖を摂る
    スイーツを作って適度に糖を摂る"適糖生活"を実践しよう この特集を読む
  2. PR 【PR】スクエアプレートでモダンな食卓を演出
    スクエアプレートでモダンな食卓を演出 この特集を読む
  3. PR 【PR】寒い日にぴったり!体が温まる具だくさんスープジャー弁当の作り方
    寒い日にぴったり!体が温まる具だくさんスープジャー弁当の作り方 この特集を読む
  4. PR 【PR】和洋中に使いやすい海の幸、北海道ほたてレシピ集!
    和洋中に使いやすい海の幸、北海道ほたてレシピ集! この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

作ったメモ

<作ったメモって?>
自分だけが見ることができるメモです。記録したメモは「作ったメモ一覧」で見ることができます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

簡単×冷凍うどん (19) ヘルシー×遠足 (13) 子供×熱中症 (11) 時短×さば水煮 (10) シニア×無調整豆乳 (9) おつまみ×せり (5) 作り置き×ボリューム煮物 (4) あえもの×鶏ガラスープの素 (3) お弁当作り置き×調味料 (3) お漬物×鍋 (3) かつお×魚のおかず (3) もう一品のおかず・小鉢×麺類 (3) 保存×麹 (3) 冬×風邪予防 (3) 削り節×酢 (3) 大根×STAUB (3) 日本酒に合うおつまみ×鶏モモ肉 (3) 梅×鶏肉のおかず (3) 梅肉×自家製 (3) 秋冬野菜×長ネギ (3) 箸休め×鶏ガラスープの素 (3) 節約×鶏モモ肉 (3) 簡単レシピ×チャイティー (3) 紫蘇×鶏胸肉 (3)
もっと見る

「大根 作り置き 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents