レシピサイトNadia
    • 2021/11/24
    • 献立
    • 5日分
    • 69

    ビールに合う!!おうちのみが楽しくなる「居酒屋」献立

    毎日のおうちのみに合わせるおつまみの献立です。 晩酌がもっと楽しくなること間違いなしです。

    1日目

    ビールが欲しくなる!ふっくら「海苔巻とり天」のおつまみ献立

    むね肉で作るやわらかとり天は薄口しょうゆだけで下味OK!海苔をくるっと巻いて香りよく、カラリと仕上げます。 エリンギは甘辛韓国だれのヤンニョン風に。チーズをかけて、たまらなくビールに合う!! 箸休めのきゅうりも一緒にどうぞ。 ■おすすめの調理順 蛇腹きゅうりを切って塩水に浸けている間に、とり天の下味をつける。 ヤンニョムチーズエリンギの下準備もしておく。 きゅうりを調味料で浸けたら、とり天を揚げ、ヤンニョムチーズエリンギを仕上げる。

    2日目

    シャキシャキ仕上げの「さっと炒め」でお酒も進む!3品献立

    すぐに作れる豚ひき肉入りの「もやしとピーマンのさっと炒め」はちゃちゃっと作れてうれしいおつまみです。 ビールに絶対合うチーズ巾着、里芋のから揚げを一緒に。 これはビールがすすみます! ■おすすめの調理順 里芋の電子レンジ加熱、下味をつける。 炒めもの、チーズ巾着の下準備。 2口コンロならチーズ巾着を火にかけながら、里芋のから揚げ→炒め物の順に加熱調理する。

    3日目

    揚げてますますおいしい!「ねぎだく塩鯖の唐揚げ」おつまみ献立

    「ねぎだく塩鯖の唐揚げ」は塩鯖に片栗粉をまぶして揚げ、たっぷりの青ねぎとタレをかければ出来上がり! 揚げるだけで塩鯖がいつもと違ったおいしさに変身します。 「甘辛豆腐ステーキ」とさっぱりした「切干大根となめこの土佐酢和え」と一緒にどうぞ。 (調理時間は豆腐の水切り時間、切干大根を戻す時間は除く) ■おすすめの調理順 豆腐の水切りをする→切り干し大根を戻す。 から揚げのたれを作り、各下準備が終わったら、「切干大根となめこの土佐酢和え」を仕上げ、豆腐ステーキを焼きます。 最後に塩鯖の唐揚げを揚げて仕上げます。

    4日目

    揚げない!包まない!「チーズ春巻」のおつまみ献立

    「キャベツともやしのチーズ春巻」はひとつずつ包まず、さらに揚げないのでとっても簡単! はんぺんにはたらことバターで、しょっぱい美味しさで日本酒にも合わせたくなります。 さっぱり「なすのポン酢炒め」も。 ■おすすめの調理順 「チーズ春巻」の具材を炒める。 「はんぺんのたらこバター和え」を仕上げる。 春巻きを皮で挟んで焼いている間に、「なすのポン酢炒め」を大根おろしを添える前まで作っておく。 春巻きが出来たら、なすのポン酢炒めに大根おろしを添える。

    5日目

    「鱈のホイル焼き」でしっぽり飲みたい!おつまみ献立

    包んで魚焼きグリルやトースターで加熱お任せの「ホイル焼き」はとっても便利! 普段のおかずだけでなく、お酒にもぴったりです。 しょうゆが染みたえのきのから揚げは揚げ焼きでOK! にんにくを効かせた「カニカマと玉ねぎのポテトサラダ」もお酒のお供に絶対おすすめです。 ■おすすめの調理順 「カニカマと玉ねぎのポテトサラダ」のじゃがいもを加熱する。 その間に、「鱈のホイル焼き」を作って加熱調理する。 えのきの下味をつけている間に、ポテトサラダを仕上げる。 えのきの加熱をして出来上がる頃に、鱈のホイル焼きが完成。

    神田えり子
    • Artist

    神田えり子

    料理家

    料理家。 お家で食べるものは、体に優しく、飽きない味に。 作る人も負担にならない。 シンプルで素材を活かした関西風のおばんざいをご紹介しています。 ~書籍~ レシピ掲載「ぜんぶおうちで作れる デパ地下・有名店の大人気マリネ」(辰巳出版) レシピ監修「LODGEスキレット100%活用マニュアル」(辰巳出版) 著書「カラダよろこぶオイルおにぎり」(辰巳出版) レシピ監修「LODGEコンボクッカー100%活用マニュアル」(辰巳出版) ~テレビ出演~ NEWS every、Sma STATION、J:COM食+

    「料理家」という働き方 Artist History