Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. お魚厚揚げとなすのおろし煮【#簡単#胃腸にやさしい】

    お魚厚揚げとなすのおろし煮【#簡単#胃腸にやさしい】 6分前

    128人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. ささ身ときゅうりの中華風ごま酢サラダ【#レンジ#おつまみ】

    ささ身ときゅうりの中華風ごま酢サラダ【#レンジ#おつまみ】 7分前

    206人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. *なすと鶏ひき肉と春雨のとろみ煮*

    *なすと鶏ひき肉と春雨のとろみ煮* 7分前

    159人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. 手軽に作れて栄養たっぷり♪台湾まぜそば

    手軽に作れて栄養たっぷり♪台湾まぜそば 11分前

    131人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. ナスとチキンのねぎポン炒め

    ナスとチキンのねぎポン炒め 11分前

    104人がこのレシピをお気に入りにしました!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

りんごでやわらか☆豚とピーマンの炒め物

5
豚肉料理の
人気レシピはこちら!

ランキングをもっと見る

2019.01.27

分類主菜

調理時間: 5分(漬ける時間は除く)

ID371369

神田えり子

ビアテイスター神田えり子のついついツマミになるレシピ

HUROMスロージューサーでりんごとにんじんのジュースを作った後の搾りかすで豚肉を漬け込み、お肉をやわらかく。
ピーマンと一緒に漬けて炒めれば出来上がり。

豚肉料理 ジューサー ヒューロム スロージューサー(Hurom) 豚こま切れ肉

このレシピをサイトに埋め込む

材料2人分
豚こま切れ肉 300g
ピーマン 2個
A
りんご・にんじんのジュースの搾りかす 各1個分
A
しょうゆ 大さじ2
A
みりん 大さじ2
A
大さじ3
A
砂糖 小さじ1
A
ごま油 大さじ2
作り方
Point!
※HUROMスロージューサー(H26使用)
  1. ・ピーマンはヘタ・ワタ・種を除いて、縦1cm幅に切る。
    ・りんごとにんじんを棒状に切ってHUROMスロージューサーに交互に入れて搾る。 出てきた搾りかすをここでは全量使用。
  2. 豚こま切れ肉、ピーマンをA

    りんご・にんじんのジュースの搾りかす 各1個分、しょうゆ 大さじ2、みりん 大さじ2、酒 大さじ3、砂糖 小さじ1、ごま油 大さじ2

    で10分程漬ける。
  3. 1を下味ごとフライパンに入れて中火にかけて炒め、全体に火が通ったら器に盛る。
1 10
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】アートとジャズのある暮らし。
    アートとジャズのある暮らし。 この特集を読む
  2. PR 【PR】暑い夏にも!旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾
    暑い夏にも!旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾 この特集を読む
  3. PR 【PR】みんな大好きコーンマヨピザ♪いなば食品のコーン大量活用術
    みんな大好きコーンマヨピザ♪いなば食品のコーン大量活用術 この特集を読む
  4. PR 【PR】おもてなしレシピも♪ チーズで美味しいアスリートごはん
    おもてなしレシピも♪ チーズで美味しいアスリートごはん この特集を読む
  5. PR 【PR】 クッキングシートで成形も便利に!「さつまいもデニッシュ」
    クッキングシートで成形も便利に!「さつまいもデニッシュ」 この特集を読む
  6. PR 【PR】みんなが喜ぶ定番の「昔ながらのナポリタン」
    みんなが喜ぶ定番の「昔ながらのナポリタン」 この特集を読む
  7. PR 【PR】BRUNO crassy+で梅肉のさっぱりタンドリーチキン
    BRUNO crassy+で梅肉のさっぱりタンドリーチキン この特集を読む
  8. 梅雨だる解消レシピ特集!身体が喜ぶさっぱり&スタミナ料理
    梅雨だる解消レシピ特集!身体が喜ぶさっぱり&スタミナ料理 この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

ジューサー×魚 (3) スロージューサー(Hurom)×魚 (3) ヒューロム×魚 (3) 豚こま切れ肉×野菜のおつまみ (3) 豚肉料理×魚 (3)
もっと見る

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents