Nadia Artistのレシピ数:31,576レシピ

紀子

紀子さんのプロフィールページ

さぁ、ヌーヴォー解禁です♡

さぁ、今日はこれから飲まれる方のために。



 

先日のセミナーで感じた、ボジョレー・ヌーヴォーの反応の薄さ・・

ん~、日本の皆さんちょっと飽きちゃったかしらん。

 

普段は飲まないけれど、ヌーヴォーはちょっと手に取ってみるのよね・・な方もいらっしゃいました。

 

今日はもう少し、前回よりも詳しく^^

 

まず、ボジョレー・ヌーヴォーには独特の香りがします。



 

イチゴ飴strawberry*のように可愛らしい甘いキャンディ香

 

これがすごいから飲まないわ~な方も多くなっているのは、反応から分かります。

 

日本のマスカット・ベーリーAもかなり似たような香りです。




 

では


 

次にとって頂きたいのが、バナナの香りバナナ



 

これはガメイの品種の特徴ではなく、醸造方法から生まれる香りです。



 

ヌーヴォーは早く醸造を行わなければならないため

 

炭酸ガス浸潤法(マセラシオン・カルボニック)と呼ばれる醸造方法で造られます。

 

ブドウを破砕せずに、自然に炭酸ガスを発生させ(または注入し)全体的にフレッシュで軽めに仕上げます。


 


タンニンが少なく、渋みや苦みが通常のワインより少なくなるので


 

ご存知の、飲みやすいフレッシュな味わいになりますワイン


 

この醸造方法によって生まれるバナナのような香り、取ってみてください^^

 

 

そしてもう1つ。



 

ボジョレー・ヌーヴォーと、ボジョレーヴィラージュ・ヌーヴォー。


 

この違いは、ヴィラージュという名前が付くと生産地域がより限定されます^^


 

ボジョレーのどこかで造られたものか、限定地域のものか。


 

限定地域の方がランクとしては上、ですが


 

その違いはどのくらいのものか^^


 

今年はどんなヌーヴォーでしょう、ねハート




※ こちらは2012年のものです。

http://ameblo.jp/norikostyle2/entry-11954180948.html

 

 

 

 


ページの先頭へ