栗の渋皮煮

120

2017.11.09

分類デザート

調理時間: 2時間 0分(栗を煮る時間を除く)

ID 209355

古谷 真知子

食育インストラクター、キッズキッチンインストラクター

夏が終わると栗の季節!
買うとお高い栗の渋皮煮を手作りしてみませんか?
売ってる渋皮煮みたいに美味しく出来ますよ。

    材料(作りやすい分量)
    生栗 1kg
    砂糖 1kg
    重曹 大さじ1
    (お好みで)ブランデーやラム酒 適量
    作り方
    Point!
    最初の1回だけ重曹を入れて茹でこぼす事で、渋が取りやすく、柔らかく煮る事が出来ます。
    1. 生栗は買って来たら一晩水に浸けておく。
      すぐに調理しない場合は、水気を良く拭き取り、冷蔵庫のチルドルームや下段奥の温度変化しにくい場所で保存します。
    2. 座(栗の下のザラザラした薄茶色の部分)の一部を削いで、鬼皮を剥きます。
      この時、渋皮を出来るだけ傷付けないように気を付けます。
      剥いた栗は乾燥しないように常に水に浸けておきます。
    3. 栗の全量が余裕で入るくらいのお鍋に、鬼皮を剥いた栗と完全に栗が浸るくらいの水、重曹を入れて火にかけます。
    4. 鍋の中が全く透けて見えないくらい黒っぽく濁って泡が出て来たら、火を止めて煮汁を8割くらい捨てます。
      そこに栗が浸って手を入れられるくらいの温度まで水を足します。
    5. 一つ一つ丁寧にに渋を取ります。取りにくい渋は無理に取らなくても大丈夫です。(後で同じ作業をするため)
      ネイルをされている方はぴったりフィットする調理用ゴム手袋などを使うと良いです。
      渋を取った栗は水(出来ればお風呂程度のぬるま湯)を張ったボウルに入れておきます。
    6. 全ての栗の渋を取り終わったら、お鍋をきれいに洗って、渋を取った栗を入れ、浸るくらいの水(出来ればお風呂程度のぬるま湯)を入れて、再度火にかけます。
    7. お鍋がふつふつと湧いてきたら、グラグラ煮立つ前に火を止めて、3〜5の作業をもう2回繰り返します。
    8. 渋を取り終わった栗と栗が浸るくらいの水(出来ればお風呂程度のぬるま湯またはお湯)と砂糖の1/3量を入れて火にかけ、ゆっくり混ぜて砂糖を溶かします。
    9. ふつふつと湧いてきたら、火を弱めてそのまま30分程煮た後、火を止めて冷まします。
    10. お鍋が完全に冷めたら、7〜8をもう2回繰り返します。
    11. 味見して、好みの甘さなら(ブランデーやラム酒を入れる場合はここで入れて)もう一度沸騰直前まで温めてから煮沸消毒したビンに栗を詰め、浸るくらいのシロップを入れて出来上がり。
    13 46
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「スイーツ 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。