注目ワード大根煮物豚バラ肉にんじんりんご

Nadia Artistのレシピ数:40,061レシピ

2016.03.20

集中力や記憶力がアップ!本当はすごい『だし』の話

キーワード
だし だしの取り方 だし汁 和食 管理栄養士 料理の基本 常備菜 お弁当

だしを取ると聞くと、面倒なイメージを持つ方も多いかもしれませんが、きちんととっただしは身体にもとっても良いんですよ。だしの取り方は覚えてしまえば簡単なので、一度試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入りに追加

 

『だし』を取っていますか?

スーパーでは、様々な種類の顆粒だしが売られているので、だしを取っている人も少なくなっていると思います。

『だしを取るなんて面倒くさい』『鰹節や昆布を常備していない』という気持ちもよくわかりますが、一度だしを取ってみてください。やってみると意外と簡単なんです。慣れてきたら、鰹節や昆布の分量を、お好みにアレンジしても楽しいですよ。

取っただし汁は、お茶ポットなどに入れて冷蔵庫で保存しておけば、いつでもさっと使えて美味しい和食が作れます。

 

現代人の味方!脅威のだしパワー

鰹節と昆布から取っただしは、美味しいのはもちろんですが、健康にもとっても良いんです。毎日使うだしだからこそ、健康へ配慮してこだわってみませんか?

では、だしの健康パワーをお教えしますね。

 

脳の血流が良くなり、集中力や記憶力がアップ!

きちんと取っただしを飲むと脳の血流が良くなり、脳梗塞の予防はもちろん、集中力や記憶力がアップします。さらに、脳の血流量が上がると、精神的疲労が緩和され、ストレス解消に繋がります。

ストレスの多い現代人こそ、だしを取った方が良いんです。

 

表皮血流量が増加し、肩こりや冷え性の改善

脳の血流量が上がると、それに追随して、身体の表面の血流量も上がります。そして、冷え性や肩こりの改善が期待できるんです。

 

鰹節には脂肪燃焼効果も

鰹節にはヒスチジンというアミノ酸が含まれています。このヒスチジンには脂肪燃焼を促進させる働きがあると言われています。

 

昆布でリラックスできる

昆布に含まれているグルタミン酸には、脳の興奮を抑える成分『GABA』を生成する働きがあります。そのため、だしを飲むことでほっと一息つけて、リラックスできます。

だしには、まだまだ紹介できないほど、たくさんの効果があります。『百聞は一見にしかず』という言葉があるように、一度騙されたと思って、だしを取ってみてください。

味の違いはさることながら、食事をした時の満足感や安心感が、顆粒のものとは違うことを実感できるはずです。

 

基本のだしの取り方

だしは、じつは取り方も様々。まずは、いたって簡単なだしの取り方を紹介します。鰹節や昆布の量で、味がガラリと変わるので、自分好みのだしの取り方を探してみてください。

 

一番だし(約800ml分)

一番だしとは、お吸い物に使われるだしです。

材料
・鰹節 20g
・昆布 10g
・水 1L

下準備
水気を硬く絞った布巾やキッチンペーパーで、昆布についている砂などの汚れを拭く。昆布についている白い粉はうま味成分『マンニット(マンニトール)』なので、絶対に拭き取らない。

作り方

1.鍋に昆布と水に入れ、30分おく


2.1を中火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出し、沸騰したら火を止めて、鰹節を一気に加える


3.再度火をつけ、沸騰したら火を止め、1~2分ほどおく(鰹節が沈んできたらOK)


4.ボウルにざるをのせ、ペーパータオルを敷き、3をこす


ポイント
・こす工程では、沈んだ鰹節の粉までこすのではなく、上澄みをこすイメージで行う
・鰹節を加えた時に、あくが出た場合は、こす前にあくを取り除く

 

二番だし(約800ml分)

一番だしの出し殻で作るだしで、味噌汁や煮物などに。

材料
・一番だしの出し殻
・鰹節 5g
・水 1L

作り方

1.鍋に一番だしの出し殻と水を入れ、強火にかける。沸騰したら弱火にし、10分煮る


2.1に鰹節を一気に加え、火を止めて1~2分おく


3.ボウルにざるをのせ、ペーパータオルを敷き、2をこす


ポイント
・2番だしでは、こす時に全てこしてしまってOKです。キッチンペーパーに出し殻をあけ、軽くしぼっても◎

 

出し殻は立派なおかずに!覚えておきたい出し殻リメイクおかず

二番だしまで取った出し殻を捨てるなんてもったいない! 出し殻にはうま味もありますし、栄養もばっちり。常備菜にして、お弁当やおにぎりの具にするのがオススメです。

 

出し殻リメイクおかず「佃煮」

材料
・だしがら 鰹節25g+昆布10g分
・しょうゆ 大さじ1
・酒 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・みりん 大さじ1/2
・白ゴマ 大さじ1/2


作り方
1.フライパンに出し殻を入れ、火にかけて炒る。
2.調味料を全て加え、中火で炒める。水分が飛んだら、白ゴマを加えて火をとめる。


ポイント
・できるだけ水分を飛ばす方がおいしくいただけます。

 

市販品と自分で取っただし、こんなに塩分量が違う!

鰹節と昆布から取っただしと、顆粒だしから作るだし汁。塩分含有量を比べてみました。顆粒だしのだし汁は、パッケージに記載されている方法でだし汁を作成。実際に計測すると、思った通りの違いが出ました。

・一番だし:0.3%
・二番だし:0.1%
・顆粒だしのだし汁:0.5%
という結果に。

だしの取り方などで多少の違いは出るかと思いますが、この結果からわかるのは、「だしをきちんと取ると、減塩につながる」ということ。

ちなみに、一番だしは吸い物などの汁物に使うだしなので二番だしより塩分が高くてOK。二番だしは、最初の一番だしに塩分が出ていますし、煮物などに使うだしなので、調味料で塩分が足されることを考えるとこの低さも納得です。

顆粒だしのだし汁はなぜ、これほどまで塩分が高く出たのでしょうか? それは、食塩が添加されているから。多くの顆粒だしには食塩が添加されています。さらに、味を濃くするための食品添加物なども入っています。

顆粒だしに慣れていると、鰹節から取っただしを飲んだ時に「物足りない」と思うかもしれませんが、人の舌は1ヶ月で慣れるので、最初は薄く感じても、続ければ『本当のだし』の美味しさにがわかるようになりますよ。

 

だしを取れば、生活が変わる

だしを取るようになると『味覚が変わる』『外食やコンビニでの食事が濃く感じる』『健康になった』『毎日穏やかに過ごせる』などと言われます。

だしは、一回取ってしまえば、冷蔵庫に常備しておけるもの。疲れて帰ってきた日も、だし汁を温めて飲むだけで、心がほっこりし、日々の癒やしになりますよ。


この春、だしを取る生活をはじめてみてはいかがですか?

 

この記事のライター 
若子 みな美
https://oceans-nadia.com/user/21965

キーワード
だし だしの取り方 だし汁 和食 管理栄養士 料理の基本 常備菜 お弁当

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入りに追加

おすすめ記事

関連記事

ページの先頭へ