Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. きゅうりの塩だれサラダ【作り置き】

    きゅうりの塩だれサラダ【作り置き】 2分前

    121人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. 【15分】やみつき率200%!成形不要「れんこんいももち」

    【15分】やみつき率200%!成形不要「れんこんいももち」 3分前

    130人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. トマトときゅうりの香味中華漬け【#作り置き#やみつき】

    トマトときゅうりの香味中華漬け【#作り置き#やみつき】 5分前

    185人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. ナスと鶏肉の揚げびたし

    ナスと鶏肉の揚げびたし 6分前

    250人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. 5分で完成!めちゃ旨*ピーマンと豆苗のやみつき塩昆布ナムル

    まこりんとペン子さんがレシピを投稿しました!9分前

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

節約弁当テク!缶詰で作る「作り置き」お弁当おかず

1月も終わり、節約している方も多いのではないでしょうか。毎日のランチ、弁当を持参して節約を心がけている方も多いのではないでしょうか? 今回紹介するのは缶詰を使った「作り置きおかず」。価格が安く下処理いらずで使える缶詰は、まさに節約弁当向き!ぜひご活用ください。

キーワード
缶詰 節約 作り置き 作り置きおかず お弁当 弁当 管理栄養士

 

缶詰を使った作り置きが使える

作り置きおかずの強い味方と言えば、なんと言っても缶詰。定番のツナ缶をはじめ、さば缶や鶏ささみ缶、大豆缶など、さまざまな缶詰がありますが、これらすべて作り置きおかずに使えます。

缶詰を使った作り置きおかずを作っておけば、意識しないと食卓に並ばない魚や豆類などを習慣的に食べることができますよ。また、缶詰はそのまま使うことができるので、下処理などの手間を省くことができるのも嬉しいところ。さらに価格も安定していて比較的安く手に入れられるので、節約にも役立ちます。

 

おすすめの缶詰とその理由

お店の缶詰売り場には、たくさんの缶詰が売られていますよね。どれを買えば良いのか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。その中でも作り置きおかずに使えるおすすめの缶詰を紹介します♪

 

さば缶やツナ缶で魚嫌いを克服!?

作り置きおかずにおすすめの缶詰は、水煮や油煮など調味料で味付けされていない魚の缶詰です。水煮や油煮の缶詰は、どんな調味料でも合いやすくアレンジが効きやすいので、まとめ買いしておくのも良いかと思います。

魚を食べる習慣を作るのはなかなか難しくても、作り置きおかずにしておくことで、いつでも魚を食べることができます。また、魚が苦手なお子様も、缶詰なら魚の臭みが和らいでいるので食べられるかもしれません。

 

ミックスビーンズ缶や大豆缶で食物繊維を摂ろう

ミックスビーンズ缶や大豆缶などの豆類の缶詰も◎。納豆や豆腐を食べることは多くても、豆そのものを食べる習慣はあまり無いでのではないでしょうか。

豆類は食物繊維やタンパク質などが豊富に含まれているので、積極的に食べたい食品です。ケチャップやカレー粉、コンソメなどの洋風の調味料ともよく合うので、アレンジ自在ですよ。

 

缶詰の作り置きを作るときの注意点

缶詰で作り置きおかずを作る際に、気をつけたいのは缶詰に含まれている水分。

作り置きおかずの保存性を保つためには、水分を飛ばすことが大切です。また、お弁当に詰めるおかずは水分があると傷みやすいので、これらの点でも水分はなるべく減らしたいところ。

そのため、缶詰の水分は切って使うようにしましょう。

また、一度開けてしまった缶詰は、別の容器に移し替えて冷蔵庫で保存が基本。缶詰は密閉状態だと長期保存可能ですが、開封してからは通常の生鮮食品と同様に考え、2~3日で使い切るようにしましょう。

 

缶詰で作り置き。10分でできる簡単作り置きレシピ

缶詰を使った作り置きおかずを紹介します。すべて10分で簡単に作れるので、とってもおすすめですよ♪

 

缶詰で作り置き。鶏ささみともやしのナムル

鶏ささみ缶を使ったナムル。電子レンジで加熱して作るので、火を使わずに作れます。翌日以降に味がぼやけてしまうのを防ぐために、しっかり水気を切って作るのがポイントです。

【材料(作りやすい分量)】
鶏ささみ缶…1缶
もやし…1袋
きゅうり…1/2本
塩…2つまみ
A 酢…小さじ2
A 砂糖…小さじ1
A 醤油…小さじ1
A ごま油…小さじ1
A 顆粒中華だし…小さじ1/4
白ごま…適量

【下準備】
・もやしの根を取る
・きゅうりを千切りにする
・鶏ささみ缶の水気を切る
・Aを混ぜ合わせておく

【作り方】
1.ボウルにきゅうりと塩を入れて塩もみし、5分置いて水気を切る。
2.耐熱ボウルに、もやしと鶏ささみ缶を入れて、ふんわりとラップをして電子レンジ600Wで2分30秒加熱し、ザルにあけて粗熱と水気を切る。
3.ボウルに、1、2とAを入れて和える。白ごまをふる。

詳しいレシピはこちら

 

缶詰で作り置き。さば炒り無限ピーマン

ごはんのお供におすすめのさば缶を使った無限ピーマン。苦手な子が多いとされる青魚とピーマンですが、缶詰を使って甘辛く炒めることで食べやすくなります。お弁当はもちろん、お酒のおつまみにも使えます♪

【材料(作りやすい分量)】
さば缶(水煮)…1/2缶
ピーマン…4個
醤油…小さじ2
砂糖…小さじ1/2
ごま油…小さじ1

【下準備】
・ピーマンを縦半分に切り、種を取り除き、横にして5mm幅に切る
・さば缶の水気を切る

【作り方】
1.フライパンを熱し、ごま油を入れて、ピーマンを加えて炒める。
2.1にさば缶、醤油、砂糖を加えて、水気がなくなるまで炒める。

詳しいレシピはこちら

 

缶詰で作り置き。ミックスビーンズのケチャップ炒め

ミックスビーンズ、ウインナー、玉ねぎをケチャップなどの調味料で炒めるだけで完成です♪ 給食によく出るポークビーンズのような味なので、お子様も食べやすいはず。

【材料(作りやすい分量)】
ミックスビーンズ…1缶
玉ねぎ…1/2個
ウインナー…4本
A ケチャップ…大さじ2
A 砂糖…小さじ1/2
A 顆粒コンソメ…小さじ1/4
A ブラックペッパー…少々
オリーブオイル…小さじ1

【下準備】
・ウインナーを1cm幅に切る
・玉ねぎを1cm角に切る

【作り方】
1.フライパンを熱し、オリーブオイルを入れ、玉ねぎを加えて玉ねぎが半透明になるまで弱火で炒める。
2.1にミックスビーンズ、ウインナー、Aを加えて炒める。

詳しいレシピはこちら

 

缶詰作り置きおかずで毎日のお弁当も怖くない!

いかがでしたか? おすすめの缶詰や簡単レシピを紹介しました。ぜひ、さまざまな缶詰で作り置きおかずを作って、毎日のお弁当に活用してくださいね。

こちらの記事もチェック!
・目指せお弁当名人!絶対役立つ作り置きレシピ集
・今年はお弁当作りに挑戦!作り続けられるコツと冷めてもおいしいおかずのレシピ

 

このコラムを書いたNadia Artist
 
管理栄養士 若子 みな美
https://oceans-nadia.com/user/21965

キーワード
缶詰 節約 作り置き 作り置きおかず お弁当 弁当 管理栄養士

おすすめコラム Recommend Column

Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】手軽に栄養豊富なごはんを!チーズで美味しいアスリートごはん
    手軽に栄養豊富なごはんを!チーズで美味しいアスリートごはん この特集を読む
  2. PR 【PR】ホイルシートでうま味をぎゅっと閉じ込めた「無水調理のロールキャベツ」
    ホイルシートでうま味をぎゅっと閉じ込めた「無水調理のロールキャベツ」 この特集を読む
  3. PR 【PR】いつものごはんにも、おもてなしにも。キャンベル缶レシピ集
    いつものごはんにも、おもてなしにも。キャンベル缶レシピ集 この特集を読む
  4. PR 【PR】かんたんワンパンレシピが沢山!取っ手のとれるフライパンレシピ集
    かんたんワンパンレシピが沢山!取っ手のとれるフライパンレシピ集 この特集を読む
  5. PR 【PR】シトラスを使った美味しいごはんで大切な人と食卓を囲もう!
    シトラスを使った美味しいごはんで大切な人と食卓を囲もう! この特集を読む
  6. PR 【PR】簡単!時短!料理の味方 旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾!
    簡単!時短!料理の味方 旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾! この特集を読む
  7. PR 【PR】フレッシュな気持ちで迎える4月
    フレッシュな気持ちで迎える4月 この特集を読む
  8. PR 【PR】作る時から会話が弾む。BRUNO crassy+で楽しむライブ感ある食卓。
    作る時から会話が弾む。BRUNO crassy+で楽しむライブ感ある食卓。 この特集を読む
  9. PR 【PR】新ごぼうを使ったお手軽おつまみ!「京風割烹白だし」のレシピ集
    新ごぼうを使ったお手軽おつまみ!「京風割烹白だし」のレシピ集 この特集を読む
  10. PR 【PR】練り物+1食材で簡単! 作り置きおかず
    練り物+1食材で簡単! 作り置きおかず この特集を読む

関連コラム Related Column

コラムランキング Column Ranking

PR Public Relations

おすすめコンテンツ contents

最近見たレシピRatest Recipe more