お弁当にも最適!『ささみ de のり塩バター醤油チキン』

15

2017.07.06

分類主菜

調理時間: 15分

ID 173354

Yuu

手抜きではない、知恵である【#ラクうま】返信お休み中

ささみにしっかり下処理をしているので
驚くほどの柔らか食感。

これは、冷めても変わりません。

また、マヨネーズを加えることで、ささみに旨味がプラスされ、男子も大満足の一品に。

ちなみに、今回絡めたタレは、バター醤油プラス青のり。

青のり効果でより風味がアップしてご飯もお酒もすすむ!

もちろん、お弁当にも最適です♪

    材料2人分
    鶏ささみ 4〜5本(300g)
    薄力粉 大さじ2
    片栗粉 適量
    菜種油 大さじ1
    青のり 小さじ2
    A
    酒、マヨネーズ 各大さじ1
    A
    砂糖 小さじ1
    A
    少々
    B
    バター 10g
    B
    醤油、みりん 各大さじ1
    作り方
    Point!
    ★フォークで刺すことで、味しみがよくなります。

    ★筋が気になるかたは、取り除いてください。

    ★厚さを開くことで、ボリュームが出て、火の通りも早くなります。

    ★鶏ささみは、身崩れしやすいので、調味料は、優しく揉み込んでください。

    ★フライパンに並べてから火にかけることで、急激な温度変化による、タンパク質の凝固を防げます。(お肉が固くなるのを防ぎます)
    1. 鶏ささみは、フォークで数カ所さす。

      真ん中に1本切り込みを入れて開き、長さを2等分にする。

      ポリ袋にA

      酒、マヨネーズ 各大さじ1、砂糖 小さじ1、塩 少々

      と共に入れ、優しく揉み込む。

      そのまま10分ほど置いておく。
    2. 鶏ささみが入ったポリ袋に、薄力粉を入れて揉み込む。

      粉っぽさがなくなったら、バットの上に取り出し、片栗粉をまぶす。

      ★衣は2度づけした方が、剥がれにくく、また、タレの絡みもよくなります。

      ★薄力粉は、片栗粉でも代用可能です。

      ★面倒な方は、2度づけせず、直接片栗粉をまぶしてもOKです。
    3. フライパンに菜種油を敷き、1を並べる。

      中火にかけ、4分ほど焼く。
    4. 片面が焼けたら裏返し、蓋をして、弱火で3分蒸し焼きにする。
    5. 蓋をあけ、余分な油をペーパータオルで拭き取り、合わせたB

      バター 10g、醤油、みりん 各大さじ1

      を回し入れる。
    6. 全体にタレが回ったら、青のりをふり入れて、できあがり。
    7. お好みで、レモンを絞って食べても、美味しいですよ〜♪

      夏向けのさっぱり味になります。
    25 463
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「ささみ 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。