レシピサイトNadia
    • 2022/05/23
    • 献立
    • 7日分
    • 1771

    パパッと!20分で作れる1週間献立

    毎日バタバタで忙しいけれど、きちんと美味しい料理を食べたいという方は多いのではないでしょうか? 今回の1週間献立は「パパッと作れる、時短献立」がテーマ。焼肉のたれを使ったり、下味冷凍を使ったり、時短テクもたくさん紹介しています! 疲れていても20分で作れる時短献立、ぜひチェックしてみてくださいね。※『RINATY(りなてぃ)の愛され1週間献立vol.27|パパッと!20分で作れる1週間献立』でご紹介した献立です。

    1日目

    ご飯がすすむ!豚肉となすとピーマンのたれ炒め献立

    月曜日はガッツリメインおかずとさっぱり副菜を合わせた定食風献立♪ メインおかずの味付けは焼肉のたれでパパッと時短に。ボリュームたっぷりなガッツリおかずでご飯がよくすすみますよ! 副菜も簡単なものばかりで、ご飯を炊いている間に豪華な献立が完成します。

    2日目

    5分で作れる!焼き厚揚げのそぼろあん献立

    火曜日は火を使わず、作業時間たったの2分で作れる超時短おかずがメインの献立です。カリッと焼いた厚揚げにレンチンで作るひき肉あんがベストマッチ! 副菜も火を使わず作れるので、とってもラクに献立が完成しますよ♪

    3日目

    お酒もすすむ♪甘辛醤油の鶏ももねぎま炒め献立

    水曜日はご飯がすすむ、お酒もすすむ! 居酒屋メニューで時短献立。簡単に作れるのにどれも美味しくて、思わずうれしくなっちゃう献立です。水曜日は簡単なのに、食卓が賑わう美味しいメニューで乗り切りましょう♪

    4日目

    見た目も映える!鮭と彩り野菜のつゆマヨ焼き献立

    木曜日はトースターで作れるお魚レシピがメインの時短献立。副菜や汁物も手軽に作れるものばかりですが、とってもカラフルで豪華な献立が完成しちゃううれしい1日! 野菜もたっぷりと食べられるのでおすすめですよ。

    5日目

    サッと作れるのがうれしい、ツナと卵と小松菜の炒め献立

    金曜日はサッと済ませたいときにおすすめの、簡単な炒め物でラクちん献立。ツナや卵などのお手軽食材を使って、簡単だけどタンパク質もしっかりと摂れるメインおかずにしました! すぐに一汁三菜が作れるおすすめの時短献立になっています♪

    6日目

    いざというときに使える!ラクうまガパオ献立

    土曜日はチンするだけの超時短ガパオ献立! 前日に冷蔵庫に移して解凍したら、使うときにチンするだけでOK。凍ったままレンジ加熱してもOKなのでいざというときにとっても助かる一品です♪ 副菜と汁物もシンプルですぐに夜ご飯の支度が完了しちゃいますよ。

    7日目

    定食屋さんみたい♪ガッツリ焼き唐揚げ献立

    日曜日は下味冷凍&少ない油でラクに作れる定番唐揚げで絶品ご飯♪ 面倒な揚げ物もこのレシピなら、パパッと作れてとっても手軽です。副菜にはさっぱりしたコールスローと、冷奴を。冷奴は、豆腐にごま油と醤油をたらっとかけ、刻みねぎと余った塩昆布をのせてできあがり!

    RINATY(りなてぃ)
    • Artist

    RINATY(りなてぃ)

    料理家・料理インスタグラマー

    • 栄養士

    【自己紹介】 1995年生まれ/生まれも育ちも福岡 美味しいもの食べるのも見つけるのも好き! 2023年7月、Instagramのフォロワーさんが60万人を超えました! みなさん、いつもありがとうございます♪ 【著書】 『りなてぃの一週間3500円献立』(宝島社)★第8回料理レシピ本大賞・準大賞を受賞! 『りなてぃの一週間3500円献立2』(宝島社) 『りなてぃの30分で完成!簡単3品献立』(宝島社) 『2品だからうまくいく!#りなてぃ流2品献立』(宝島社) シリーズ累計発行部数は100万部を突破(2023年1月時点) 【レシピ発信の想い】 料理でたくさんの幸せをお届けしたいなと思っております。毎日忙しい中家族の為にお料理を作ってらっしゃる方や大切な人の為においしいお料理を作ってあげたい方。そんな方々に、身近にある食材・どのご家庭にもある調味料で簡単に作れるレシピをお届けします。私のレシピはお洒落な味付けというよりは家庭的で親しみのある味付けのものが多い、簡単・時短・節約レシピです。作る方も食べる方も料理を通してどこか心温まる小さな幸せを感じていただけたら嬉しいです。おいしくできた幸せ、おいしいと喜んでもらえる幸せ、笑顔あふれる食卓の幸せ、お子様と一緒に調理を楽しむ幸せ、そんな心温まる小さな幸せたちを。

    「料理家」という働き方 Artist History