レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

低温調理で鶏胸肉が驚くほどしっとり柔らか♡絶品旨辛よだれ鶏

主菜

低温調理で鶏胸肉が驚くほどしっとり柔らか♡絶品旨辛よだれ鶏
  • 投稿日2021/09/06

  • 調理時間10(漬け込み時間30分及び低温調理時間1時間を除く)

お気に入りに追加

413

T-falクックフォーミーを駆使した、絶品『よだれ鶏』をご紹介します。 鶏胸肉をしっとり柔らかく、そしてジューシーに仕上げるには低温調理が一番♪ そして、自家製の辛旨絶品ダレで食すともう白飯も酒も止まらん!!! 我が家は低温調理器を使用していますが、60~65℃の温度に設定できれば普通のお鍋や炊飯器、ホットクックなどの他社低温調理器でもこの最強の美味しさを味わっていただけます♪ ぜひお試しください!コメントも待ってます☻

材料2人分

  • 鶏胸肉
    300g
  • A
    料理酒
    大さじ1
  • A
    少々
  • A
    砂糖
    少々
  • 刻みネギ
    適量
  • ラー油
    お好み
  • B
    醤油
    大さじ3
  • B
    黒酢
    大さじ2
  • B
    砂糖
    大さじ1
  • B
    ゴマ油
    小さじ1
  • B
    豆板醤
    小さじ1/2
  • B
    にんにくすりおろし
    1片
  • B
    ショウガすりおろし
    1片
  • B
    五香粉
    少々
  • B
    いりごま
    1掴み
  • 肉汁
    大さじ2

作り方

ポイント

◎クックフォーミーの使用方法:先にたっぷりの水をはり、【電源ON→マニュアル調理→保温(63℃)】のボタンを押す。予熱のメモリがMAXになったら63℃設定完了の合図です。その後、保存袋に入れたお肉を指定時間投入します。慣れれば簡単ですので、ぜひお試しください♪ ◎よだれ鶏は『香味野菜の香り』を存分に楽しんでいただきたいので、にんにく、しょうがはできればチューブよりフレッシュなものをすりおろした方がオススメです! ◎より本場感、本格的な中華の味に仕上げたい方はぜひ『五香粉』を入れてくださいね!スーパーで販売されています。

  • 鶏胸肉…皮を剥がした胸肉をボウルに入れ、A 料理酒大さじ1、塩少々、砂糖少々を入れて手で揉む。30分程度冷蔵庫で寝かせる。 その間にクックフォーミーを使う場合は、中の容器に水を入れ【電源ON→マニュアル調理→保温(63℃)】にあらかじめ設定しておく。予熱がMAXになって調理開始になるまで待機。

    工程写真
  • 1

    鶏胸肉を保存袋に入れて空気を抜く。 ※我が家は3COINSの真空フリーザーパックセット(500円)を使用。真空の袋がない場合は、普通のフリーザーパックで空気をしっかり抜いて使用してください。

    工程写真
  • 2

    ①を63℃のお湯の中へ投入し、蓋をして1時間放置。 ※我が家ではクックフォーミーを使用しています。クックフォーミーには63℃保温機能がついております【電源ON→マニュアル調理→保温(63℃)】 ※他の調理機器をご使用の際は、温度は60~65℃の間で設定してください(例:炊飯器など)

    工程写真
  • 3

    【タレを作る】 ボウルにB 醤油大さじ3、黒酢大さじ2、砂糖大さじ1、ゴマ油小さじ1、豆板醤小さじ1/2、にんにくすりおろし1片、ショウガすりおろし1片、五香粉少々、いりごま1掴みを入れる。

    工程写真
  • 4

    1時間経過後、②の保存袋を取り出し、③のタレのボウルに肉汁大さじ2を入れる。

  • 5

    鶏胸肉を薄く斜めにスライスする。お皿に盛って、タレをかけて上から刻みネギ、お好みでラー油をかける。

    工程写真
レシピID

421047

「鶏むね肉」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

ゆうだい
Artist

ゆうだい

料理研究家・僧侶。 大学時代は酵素学や食品衛生学を学び、大手金融機関、大手広告会社を経て、現在は様々な巡りあわせで料理研究家兼僧侶になってます。笑 大正生まれの祖母から令和生まれの娘まで、4世代6人家族。 『簡単でありながら、ワンランク上の本格的な美味さ』にこだわり、調味料や素材の味を活かした料理を研究しています。 また、僧侶ならではの精進料理等も随時ご紹介! 【料理ジャンル】 ・和洋中 ・おもてなしメニュー ・晩酌レシピ ・キャンプ飯 ・簡単お菓子 ・娘の離乳食や取り分けご飯 等など、身近な食材・調理アイテムでなんでも作ります。 業務スーパー・コストコ・カルディなどのおすすめアイテムを駆使した料理もお楽しみに!!

「料理家」という働き方 Artist History