注目ワードドリア豆苗豚こま肉ちくわチャーハン

Nadia Artistのレシピ数:41,198レシピ

2016.07.03

ボルネオ島の魚は、沖縄と一緒でした★

キーワード
マレーシア ボルネオ ロブスター コタキナバル 沖縄 海ぶどう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入りに追加

マレーシアのコタキナバルに行ってきました。







マレーシアは、大きく分けて2つの地域があって

首都クアラルンプールのあるマレー半島と、

コタキナバルを中心とするボルネオ島の北部に渡っています。

こんな感じ。








で、たった今、Googlemapをスクリーンショッとしてびっくりしたこと!

東京からコタキナバルを見ると、石垣島がちょうど真ん中くらい……w




(わたしのGooglemapですけど★がついてて、最近どこにいたかがわかりますねw)





なんって南国なんでしょう、石垣島。

「ボルネオ島」とういう響きが、だいぶ向こうの南国という

イメージだったけど、急にご近所に感じてます。w

日本の幅広さを、底力を感じるじゃぁありませんか。

なるほど、マーケットの魚がどうにもこうにも沖縄チックだった訳です!

コタキナバルの食について、いろいろ書きたいことはあります。

まずは地図で感動した手前、これがらみの発見をしゃべらせてくださいませ。





コタキナバルは海沿いの町で、そのもっとも海っぺリでは

毎晩お魚市場もあるナイトマーケットが賑わうのですよ。









で、歩いてると、あちこちのマーケットの人がうちで食べてって―と

自慢の品を披露してくれるのですね。




……エビの見た目嫌いな方はスクロール早めてください、ごめんなさい! 

こんな感じってことで。。。















迫力あって絵になるし、マーケットではたぶん1番高級だから、

みんなみーんながエビ見せポーズとってくれるんですよね。

ある種不思議な空間。w




このエビ達写真を石垣の友だちに見せたら、

「似てる、じゃなくて同じ!」

って感動してました。




で、エビ部門で選んだのはこれ……








ロブスターのニンニクバターソース。

ちょっと甘めでとろんとしているソースがよく絡むぅ♡

身はプリップリだし、ミソはつまってるし、あぁ最高。

これで1200円くらいですよ。コスパすごいー。







で……お魚部門。











このへんの魚たちも沖縄と一緒だそうです!

まんなかの青くてほっぺがオレンジの子の名前は……w

あ、書く前から「w」入れちゃいましたけど、名前は

『オオモンハゲブダイ』

とのこと。




ひどい。




ハゲてるならまだあきらめもつくでしょうに、

ハゲてないのに、ていうかハゲる要素ないのに、

どころか、青くて美しいのが絶対的な特徴だと思うのにこの名前……

あぁぁお気の毒! せめてわたしだけは勝手に

『ビューティブルーのオレンジほっぺ』と呼ぼう。




で、ハゲ(あ、言っちゃった)の後ろにいる

黄色に青いしましまの子が『ヒブダイ』だそう。











この ↑ 手の青い子は『イチモンジブダイ』。

きれいですね〜★

ネーミング的に足りない気がするけど、大ハゲよりましだからこのままで。










うーん、青い瞳とつややかな赤い体が魅力的ぃ♡

奥の子たちが『ヒメフダイ』で、手前が『オジロバラハタ』だそう。




うんうん、沖縄の市場や、沖縄料理屋さんとかで、見ました!

東京にはこんなのいないのに

沖縄のお魚事情は、日本的というより「ボルネオ的」なのですね。

いや、ボルネオが「沖縄的」と言っておこうかな♪





お魚部門では、正直よくわからないお魚をスープにしてもらいましたよ。








魚の出汁が、うーーーん、よくでてました。

それにニンニクとレモングラスの風味が絡み合い

結果とってもすっきり。ごくごくいくらでも食べたいスープでした。

これは2人で3回おかわりできる量で300円くらい。












で、なんと言っても、沖縄的ってわかりやすいのはこれですよ。










海ぶどうが、あったのです、こんな山盛りに!!

なんかうれしくなりました〜、個人的に大好きなので。w

なーんだ、やっぱりアジア人は兄弟じゃんって、

私情たっぷりですが思いました。




沖縄で食べるのよりつぶつぶが大きい気がしましたよ。

ぶどうって言いたくなるのが、うん、わかるぅ。











ライムを絞った醤油でたべますよ〜。

これがね……ぷっちぷちで、沖縄のよりぬめぬめ度が高い!

個性の主張がはげしくて、食べてる感満載、本当においしかった。

ちなみに、ロブスターの甘ニンニクバターソースに

絡めると、ぬめぬめ度が上がってこれまた絶妙。

お値段はお皿山盛りで120円くらいかな。





海風と海音につつまれて、とれたての魚介に囲まれて、

日本との意外なつながりを感じて、

結局海はつながってるんだなーって実感して

あぁぁいい夜でした★




 
キーワード
マレーシア ボルネオ ロブスター コタキナバル 沖縄 海ぶどう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入りに追加

関連記事

ページの先頭へ