レシピサイトNadia
    主食

    ルーなしでも簡単 30分でできるハヤシライス

    • 投稿日2016/06/17

    • 更新日2016/06/17

    • 調理時間30

    ルーを使わなくても、簡単、おいしいハヤシライスです。 できてすぐ食べてもおいしいですが、一晩寝かせても、もっとおいしくなります!

    材料5人分

    • 牛薄切り肉
      300g
    • 玉ねぎ
      1個
    • エリンギ
      2〜3本
    • ブラウンマッシュルーム
      4〜5個
    • にんにく
      1かけ
    • A
      ケチャップ
      200cc
    • 赤ワイン
      150cc
    • バター
      60g
    • 小麦粉
      大さじ5
    • A
      ソース(中濃・ウスターどちらでも)
      大さじ2
    • A
      ブイヨンキューブ
      2個
    • A
      ローリエ
      1枚
    • 少々
    • 胡椒
      少々

    作り方

    ポイント

    ケチャップが大量に入るので、ケチャップの味で全体の味が決まります。酸味が強いなと思ったら、砂糖小さじ1〜2で調節してください。

    • 1

      玉ねぎは1cm幅、エリンギは手で4等分に裂き、長さを半分に切る。マッシュルームは半分(大きければ4つ)に切る。にんにくは包丁の背でつぶす。

      工程写真
    • 2

      ビニール袋に玉ねぎ、エリンギ、マッシュルームを入れ、小麦粉を入れてまぶす。

      工程写真
    • 3

      鍋を熱し、バターを分量の1/3の量を入れて溶かし、強火で、牛肉を炒める。 茶色くなったら一端牛肉を取り出す。

      工程写真
    • 4

      残りのバターを入れて溶かし、中火にして2を入れ、全体的に茶色くなるまでしっかり炒める。

      工程写真
    • 5

      ワインを入れて底や周りに付いたものをこそげとる。

      工程写真
    • 6

      水600cc(とろみが強い方が好みなら500cc)とA ケチャップ200cc、ソース(中濃・ウスターどちらでも)大さじ2、ブイヨンキューブ2個、ローリエ1枚、3の牛肉を戻し入れ、時々かき混ぜながら10〜15分ほど煮る。塩、胡椒で味を整える。

      工程写真
    • 7

      刻みパセリや生クリームを少量かけるとグレードアップ。カフェのような演出ができます。

    レシピID

    140471

    質問

    作ってみた!

    こんな「煮込み料理」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているArtist献立

    関連キーワード

    「玉ねぎ」の基礎

    「牛肉」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    増田陽子
    • Artist

    増田陽子

    子どもの食育料理研究家・キッズ食育マスタートレーナー

    • 調理師
    • 野菜ソムリエ
    • 雑穀マイスター
    • 薬膳インストラクター
    • キッズ食育マスタートレーナー

    子どものスポーツを食から応援するスポーツキッズ食育トレーナー、 農林水産省認定「和食文化継承リーダー」。 子どもが喜ぶ料理、子どもと一緒に作れるお手伝い料理、季節を伝える料理をご紹介しています。 普段はレシピ制作、子どもの食育コラム執筆、子ども向け、大人向け、親子向け食育イベント・講座講師の他、東京にて子どもが料理をする、子どものための食育スクール青空キッチン板橋校を主宰しています。 ・・・・・・ 食は子どもにとって「成長」と「健康」のために必要ですが、それだけでなく生きていく上でたくさんの学びの要素があります。料理の一部をお手伝いするだけでも子どもは達成感を得られますし、好き嫌い克服ができたり、手先の器用さや想像力を育むこともできます。 毎日ごはんを作るのは大変です。でも、ごはんを作って子どもと一緒に季節を感じながら食べること、生活することを楽しみたい、そんな気持ちの一助になるようなレシピを提案していきたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします^^ ・・・・・・・ ブログやHPでは、行事食や旬の素材を使った食育レシピを紹介するとともに、子どもの食育について、また食を通じて子育てを少し楽にするお手伝いができるように心がけて書いています。 よかったら読んでみてもらえると嬉しいです。

    「料理家」という働き方 Artist History