Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. 鶏ささ身deポップコーンチキン【#冷凍保存 #油は大さじ3】

    鶏ささ身deポップコーンチキン【#冷凍保存 #油は大さじ3】 3分前

    257人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. 小松菜とひじきのごまツナ炒め【#レンジ#包丁不要#やみつき】

    小松菜とひじきのごまツナ炒め【#レンジ#包丁不要#やみつき】 9分前

    158人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. ほろほろパンプキンクッキー

    石倉かおりさんがレシピを投稿しました!1時間前

  4. ミイラのパンプキンスイートポテト

    石倉かおりさんがレシピを投稿しました!1時間前

  5. 濃厚かぼちゃのチーズムース

    石倉かおりさんがレシピを投稿しました!1時間前

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

さつま揚げと小松菜の中華おこげあんかけ

20

2017.12.18

分類主食

調理時間: 20分

ID190200

庭乃桃

しみじみ*ごはん: ご飯がすすむおかずと欧風料理のレシピ

こんがりおこげに、旨みたっぷりのさつま揚げ入り中華あんをかけて。おこげは電子レンジを併用して簡単に作ります。緑黄色野菜もたっぷり、おいしいあんのしみたカリカリおこげの味わい、ぜひお召し上がりください。

中華おこげ 小松菜 オイスターソース レンジ ごま油 たけのこ さつまあげ ごはん 中華 おもてなし 生姜 にんじん 恋人 世界各国の料理 しいたけ 電子レンジ 紹興酒 あん

このレシピをブログで紹介する

材料2人分
ご飯 300g
さつま揚げ 2枚(100g)
小松菜 3株(150g)
たけのこ(水煮) 50g
椎茸 1枚(15g)
にんじん 15g
しょうが 1/2片
大さじ3
ごま油 大さじ1
適宜
A
2カップ
A
オイスターソース 大さじ1
A
紹興酒(または酒) 大さじ1
A
鶏ガラスープの素 小さじ1
B
片栗粉 大さじ1杯半
B
大さじ1杯半
作り方
Point!
◆電子レンジの加熱時間によっても、おこげのカリカリ感が変わります。表裏3分ずつならふつう、4分ずつにすると全体がカリカリに。お好みでどうぞ。
  1. ご飯は冷たければ一度温め直し、オーブンシートを広げた上に
    軽く押しつけるようにしながら均一に広げる。
    電子レンジ(600W)で3分加熱し、裏返して、さらに3分加熱したら
    取り出して冷めるまで少し置いておく。
  2. さつま揚げ、小松菜、たけのこは食べやすく切る。
    にんじん、椎茸(石突きを取ったもの)は薄切りにする。
    しょうがはみじん切りにする。
  3. 1 のご飯を包丁で大きめに切る。
    フライパンに油の半量を熱してご飯を並べ、
    強火でカリッときつね色になるまで揚げ焼きする。
    裏返し、残りの油を加えて同様に揚げ焼きしたら、
    バットなどに取り出して油を切っておく。
  4. フライパンを軽くきれいにし、改めてごま油としょうがを入れて火にかける。
    香りが立ったらにんじんを入れて炒め、ツヤが出たところで
    他の具材も加えてさっと炒め合わせる。
  5. A

    水 2カップ、オイスターソース 大さじ1、紹興酒(または酒) 大さじ1、鶏ガラスープの素 小さじ1

    を加え、野菜に火が通るまで煮る(約3分)。
    B

    片栗粉 大さじ1杯半、水 大さじ1杯半

    でとろみをつけ、皿に並べたおこげの上にあんをかける。

    好みで、酢を少量まわしかけていただく。
8 26
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

作ったメモ

<作ったメモって?>
自分だけが見ることができるメモです。記録したメモは「作ったメモ一覧」で見ることができます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

おもてなし×サラダ菜 (11) あん×黒糖 (3) ごはん×梨 (3) ごま油×春休み (3) さつまあげ×子供 (3) しいたけ×魚のおかず (3) たけのこ×鷹の爪 (3) にんじん×黒糖 (3) オイスターソース×黒酢 (3) レンジ×#スローカロリーシュガー #適糖生活 (3) 世界各国の料理×鶏手羽先 (3) 中華×麻婆春雨 (3) 小松菜×麺 (3) 恋人×麻婆豆腐 (3) 油×#スローカロリーシュガー #適糖生活 (3) 生姜×麻婆茄子 (3) 紹興酒×麻婆豆腐 (3) 酢×黒糖 (3) 電子レンジ×鮭フレーク (3)
もっと見る

「さつま揚げ 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents