レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

スペアリブのオレンジ煮

主菜

スペアリブのオレンジ煮
  • 投稿日2015/07/11

  • 調理時間30

お気に入りに追加

190

オレンジとスペアリブ、実はとても相性がよく、とてもさわやかな仕上がりになります。

材料4人分ほど

  • 豚スペアリブ
    700g
  • 塩・コショウ
    適量
  • オレンジ
    1個
  • グラニュー糖
    大さじ2と1/2
  • にんにく
    ふたかけ
  • しょうが
    ひとかけ
  • 乾燥ローレルの葉
    2枚
  • A
    1カップ
  • A
    1/2カップ
  • A
    しょう油
    80cc

作り方

ポイント

中途半端な時間をかけて煮込むとお肉が硬くなってしまうので、わりと短時間で煮つめるようにします。

  • 1

    スペアリブに塩・コショウをする。

    工程写真
  • 2

    オレンジの果肉を取り出し、グラニュー糖とともに耐熱容器に入れ、600Wの電子レンジで2分30秒ほど加熱する。

    工程写真
  • 3

    フライパンを強火で温め、1の表面に焼き色をつけるようにしっかりと焼く。 (油は不要。中まで火を通す必要はなし)

    工程写真
  • 4

    厚手の鍋に、3、2のジャム、半分に折ったローレル、皮ごと薄切りにしたしょうが、 包丁の腹でつぶしたにんにく、A 水1カップ、酒1/2カップ、しょう油80ccを入れ、強めの中火にかける。クッキングシートで落としぶたをし、15分ほど加熱する。 ※時々、上下をひっくりかえす。

    工程写真
  • 5

    水分がほぼなくなり、全体がツヤツヤになれば完成。 ※最後は全体を動かしながら、照りを出すように火を入れます。

    工程写真
レシピID

129343

コメント

送信

関連キーワード

JUNA(神田智美)
Artist

JUNA(神田智美)

家庭料理研究家 / 料理ブロガー / 料理フォト愛好家 レシピブログ殿堂入りブロガー / 日本ハンバーグ協会スペシャリスト cottaオフィシャルパートナー / ヤマサ醤油専属レシピスト ライブドア公式ブロガー / Ameba公式ブロガー 静岡県在住。1972年生まれ。夫と娘との3人暮らし。 「日常を大切に生きる」というモットーのもと、日々の家庭料理の紹介を中心に、 家族のエピソードや趣味の話も交えながらブログ「Quality of Life by JUNA」を更新中。 料理は必ず家族を、人を、世の中を幸せ&笑顔にする!という信念のもと、大好きな料理を人生で満喫していけたらと思っています。 2021年5月1日より、オンラインレッスンのECサイトオープン! YouTubeのJUNAチャンネルにて無料体験レッスン5回分を視聴いただけます。 毎月一度の定期レッスンコース(定番家庭料理のレッスン)に加えて、 他に、お菓子、お弁当、イベント料理などの単発レッスンコースも扱っております。 ●著書  『JUNAさんの家族を幸せにする毎日のごはん』(宝島社) 2009.10.27発売 『JUNAさんの家族を笑顔にする毎日のごはん』(宝島社) 2011.2.7発売 『JUNAさんの幸せ弁当』(宝島社) 2012.2.7発売 『JUNAさんの幸せ和風ごはん』(宝島社) 2014.8.28発売 『JUNAさんの華やか和風ごはん』(宝島社) 2015.3.7発売 『ほめられおせち』(宝島社) 2015.11.9発売 『JUNAさんの特別な日のお菓子』(宝島社) 2016.12.7発売 『JUNAさんの最強で最愛の家ハンバーグ』(イカロス出版) 2018.1.26発売 『JUNAさんのいつもの材料で満足弁当』(宝島社) 2018.2.22発売 ※著書の料理写真のほとんどを自分で撮影。 ●マルチメディア 『JUNAさんのごはんがおいしい本格わっぱ弁当箱BOOK』(宝島社) 2012.8.24発売 ●主な受賞歴 2009年 5スタイル主催 ブログエンターティナー賞大賞受賞 2010年 「アルファブロガー・アワード2009」の料理部門にて大賞受賞 2012年 料理ポータルサイト「レシピブログ」にて殿堂入りブロガーに認定 2014年 テレビ番組「関ジャニの仕分け∞ 特別篇」プロ対主婦の料理対決にて優勝 2015年 レシピブログアワード2015 総合レシピ部門3位、5位受賞 2016年 ライブドア ニューフェイス賞を受賞 2018年 ライブドアブログ OF THE YEAR 2018 戌年賞受賞 2019年 ライブドアブログ OF THE YEAR 2019 亥年賞受賞

「料理家」という働き方 Artist History