レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

さつま芋と鶏挽肉の生姜煮

さつま芋と鶏挽肉の生姜煮
  • 投稿日2013/05/27

  • 調理時間0

お気に入りに追加

36

食物繊維たっぷりのさつま芋を使った美腸メニュー。 生姜を使っているからカラダもぽかぽかして、腸のはたらきを促してくれます。

材料2人分

  • さつま芋
    中1本(200g)
  • 鶏ひきにく
    100g
  • 生姜(すりおろし)
    大さじ1
  • ごま油
    大さじ1/2
  • (A)だし汁
    200cc
  • (A)酒、みりん
    各大さじ1
  • 小さじ1/4
  • (飾り)万能ねぎ
    少々

作り方

ポイント

生姜はおこのみで! 春はじゃが芋、夏はかぼちゃ、冬は里芋・・・などアレンジもOKです。

  • 1

    さつま芋を乱切りにする。 生姜はすりおろす。

  • 2

    鍋にごま油と生姜を入れて火にかけ、鶏ひき肉を加えて炒める。

  • 3

    さつま芋を入れて油が全体に絡まったら(A)を入れて蓋をして煮込む。

  • 4

    アクが出ているようなら取り、さつま芋が柔らかくなったら塩を加えて味を調える。

レシピID

101066

コメント

送信

関連キーワード

柴田真希
Artist

柴田真希

㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。 1981年、東京生まれ 女子栄養大学短期大学部卒業後、給食管理、栄養カウンセリング、食品の企画・開発・営業などの業務に携わり、独立。 27年間悩み続けた便秘を3日で治した「雑穀」や「米食の素晴らしさ」を広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。 現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メーカーのコンサルティングや飲食店のメニュー開発プロデュースなどを手がける。 「私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。」「ココナッツオイル使いこなし事典」(ともに世界文化社)、「はじめての酵素玄米」(veggy Books)、「やっぱり、塩レモン!魔法の調味料で作る絶品レシピ」(河出書房新社)、しっかりごはんとシンプルおかず「おなかやせ定食」(主婦の友社)、「女子栄養大学の雑穀レシピ」(PHP出版)、「簡単! 美腸レシピ」 (エイムック)などを出版。

「料理家」という働き方 Artist History