炙り鯛と春の豆ごはん

15

2019.04.03

分類主食

調理時間: 15分(炊飯の時間を除く。)

ID 374281

川端寿美香

野菜と魚で「美と健康は食卓から」をはじめましょう♪

春の日のおもてなし、お祝い、お花見のお弁当などを意識して、「魚菜であふれる春のピクニックランチ」と題して、2、3月に料理教室でレッスンしたメニューです。
私自身が、豆ごはんは大好物!それに、桜鯛を合わせた、贅沢な春の豆ごはんです。

    材料5人分
    2合
    A
    小さじ1
    A
    大さじ1
    A
    うすい豆 1カップ(さや付きの場合は200gくらい)
    昆布 1枚
    桜の花(塩漬け) 5つ
    2切れ
    少々
    少々
    適量
    作り方
    Point!
    お子様やご高齢の方がお召し上がる場合は、炊飯の前に鯛の骨は取り除いてください。
    桜の花(塩漬け)は無くてもいいですよ。
    1. 米は洗って水に15分ほど浸し、15分ザルにあげておく。
      うすい豆(さや付きの場合はさやを外す)、洗って水けを拭く。
      桜の花(塩漬け)は塩抜きをする。
    2. 鯛は塩、酒をふりしばらくおいて、フライパンに薄く油を敷き、軽く両面を焼く。(炙る感じで、中まで火は通さなくて良い)
    3. 炊飯器に米、2合分の水、A

      塩 小さじ1、酒 大さじ1、うすい豆 1カップ

      を入れてひと混ぜして、昆布、鯛をのせて、普通に炊く。
    4. 炊きあがったら、昆布、鯛を取りだし、鯛の骨を取り除き、ほぐして、サックリ混ぜ合わせる。
    5. 椀に盛り(型抜きをして)、桜の花を添える。
    4 28
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「ごはん 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。