レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

レモンで手作り!カッテージチーズと桃のグラスデザート

デザート

レモンで手作り!カッテージチーズと桃のグラスデザート
  • 投稿日2019/08/15

  • 調理時間30(冷蔵庫で冷やす時間を除く)

お気に入りに追加

45

ポッカレモン100を使って作る手作りカッテージチーズと桃のコンポートのグラススイーツです。 桃のコンポートは皮ごと煮ることで煮汁が可愛いピンク色になります。 コンポートの煮汁で作ったピンク色のゼリーを一緒に盛り付ければ夏にピッタリな涼しげな見た目に。 爽やかな桃と濃厚なカッテージチーズの相性が抜群です。 カッテージチーズは一番手軽に作れるチーズ。 牛乳にレモン果汁や酢など酸を加えることでタンパク質が分離してチーズができます。 ポッカレモン100を使えばいつでも簡単に作りたてのカッテージチーズが楽しめますよ。

材料2人分

  • 白桃
    1個
  • A
    200ml
  • A
    グラニュー糖
    45g
  • A
    レモン果汁(ポッカレモン100)
    大さじ1
  • 牛乳
    250ml
  • レモン果汁(ポッカレモン100)
    大さじ1
  • B
    粉ゼラチン
    4g
  • B
    大さじ1
  • 桃のコンポートの煮汁
    200ml
  • はちみつ
    適量
  • ミント
    2枚

作り方

ポイント

*牛乳の温度は60度程度に温めることが上手にカッテージチーズを作るポイントです。 *白桃は少し固めのものがコンポートにむいています。

  • 1

    桃のコンポートを作る。 白桃はきれいに洗い、割れ目にそって包丁でぐるっと切れ込みを入れて、ねじりながら半分に割る。 種をスプーンを使ってくりぬく。

  • 2

    鍋にA 水200ml、グラニュー糖45g、レモン果汁(ポッカレモン100)大さじ1を入れてひと煮たちさせ、1の桃を加えて弱火で約10分煮る。 そのまま冷まして、粗熱が取れたら煮汁ごと保存容器に移して冷蔵庫で冷やす。

  • 3

    カッテージチーズを作る。 小鍋に牛乳を入れて、鍋肌がふつふつとする程度まで温める。 レモン果汁(ポッカレモン100)大さじ1を加えて混ぜ合わせる。 しばらくおいて牛乳が分離したら、キッチンペーパーをのせたザルに流し入れてこす。

  • 4

    水分が下に落ちたら、カッテージチーズをキッチンペーパーに包んで軽く水気をしぼる。

  • 5

    ゼリーを作る。 B 粉ゼラチン4g、水大さじ1を混ぜ合わせてふやかしておく。 桃のコンポートの煮汁を鍋に入れてひと煮たちさせる。 (煮汁が200mlより少なければ、水を足して調整してください。)

  • 6

    ふやかしたBを加えて溶かす。 茶こしでこしながらバットに流し入れて、冷蔵庫で1時間ほど冷やし固める。

  • 7

    2の桃のコンポートは皮をむいて16等分のくし形切りにする。 6のゼリーはスプーンでほぐす。

  • 8

    グラスにゼリー、桃のコンポートを交互に分け入れてカッテージチーズをのせる。 ミントを飾り、カッテージチーズにはちみつをかければ出来上がり。

レシピID

378935

「酢」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

デザート」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

松井さゆり
Artist

松井さゆり

フードコーディネーター いつもの食卓に+Oneのアイデアを!料理の基本を大切に。添加物はなるべく使わない身体にやさしい食事がモットー。旬の野菜をたっぷり使用した毎日のごはんやおうちで簡単に作れるスイーツレシピをご紹介しています。 ◆レシピ開発 ◆コラム執筆 ◆フードスタイリング ◆料理教室 ♦経歴♦ 大阪出身 レコールバンタンフードコーディネーターコース卒業 *イタリアンレストランにてキッチンスタッフ・ホールスタッフとして勤務 *フードコーディネーター事務所に勤務・企業様のメニュー考案、撮影などに携わる *料理教室講師 ♦資格♦ *FCAJフードコーディネーター2級(食の商品開発) *だしソムリエ *発酵食エキスパート *jr野菜ソムリエ *JSAアイシングクッキー認定講師 *食品衛生責任者 ◆受賞歴◆ *2018年 Nadia【コラム賞】受賞 *2019年 レシピブログ「フーディストアワード2019」ホットケーキミックス部門【レシピ賞】受賞 *2020年 E・レシピ【秋のキノコレシピコンテスト】優秀賞受賞

ポッカサッポロ様レシピ
「料理家」という働き方 Artist History