Nadia公式アプリ
お気に入り・ランキングがすべて無料

クレメ・ダンジュ

30

2012.12.14

分類

調理時間: 30分

蛭田 薫(ヒルタカオル)

ワインを愉しむ料理教室“K's table”

アンジュ(フランス)のクリームという名前のクリームの白さとラズベリーソースの真紅のコントラストが美しいチーズ菓子です。ラズベリーソースの濃厚な果実味が美味しいです。

洋風スイーツ おもてなし シニア 記念日 世界各国の料理

このレシピをブログで紹介する

材料(4人分)
クリームチーズ 200g
生クリーム(30%台) 150g
粉砂糖 50g
冷凍ラズベリー 250g
粉砂糖 50g
レモン汁 数滴
イチゴ 4個
作り方
Point!
火を使わないお菓子なので、砂糖は溶けやすいように粉砂糖を使っています。 ラスベリーソースを作るとき、フードプロセッサーを回しすぎると、白っぽくなるので、きれいな赤にするためあまり回さない。
  1. 直径9センチのココットに、それぞれ25センチ角のガーゼを敷きこむ。冷蔵庫で冷やしておく。
  2. ボウルに生クリームを入れ、ホイッパーで5分立てにする。粉砂糖を加え、混ぜる。
  3. 柔らかくしたクリームチーズをすこしずつ生クリームのボウルに加え混ぜていく。クリーム状にする。
  4. 1のココットに3を分けて入れ、ガーゼで包み、冷蔵庫に1時間以上いれる。
  5. ラズベリーソースを作る。冷凍ラズベリーを前日から冷蔵庫に入れ解凍しておく。フランボワーズと粉砂糖とレモン汁をフードプロセッサーに入れ、回す。味を確かめてからザルで濾す。酸味が強い時は、粉砂糖を足す。

  6. 冷蔵庫からココットを出し、皿にクレーメを裏返して盛る、周りにラズベリーのソースを注ぎ、イチゴを飾る。(イチゴの代わりはラズベリー、べルーベリーが良い。)
  7. ※本格的なクレメダンジュにしたいときは、クリームチーズのかわりにフロマージュ・ブラン(フランスのフレッシュチーズ)を使う。その場合はフロマージュ・ブランの水分をガーゼできり冷蔵庫に入れて一晩おく。そのあと上記のレシピと同じように作る。
コメント Recipe Comment
コメントを書く

コメントをするにはログインが必要です

似たレシピをさがす Similar Recipe

おもてなし×みりん (8) シニア×バレンタインデー (6) 世界各国の料理×鶏手羽先 (3) 洋風スイーツ×黒糖 (3) 記念日×黒ごま (3)
もっと見る

関連記事 article

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents