レシピサイトNadia

    【濃厚鶏じゃがマヨ】ソースを絡めてモリモリ食べよう😋

    主菜

    【濃厚鶏じゃがマヨ】ソースを絡めてモリモリ食べよう😋

    お気に入り

    76

    • 投稿日2021/08/12

    • 調理時間15(下準備の時間を除きます)

    濃厚なソースがお肉とじゃがいもに絡み合う絶品鶏じゃがマヨのレシピを紹介します。 ポイントはソースにマヨネーズとケチャップを使っているところ。ボリューム満点で大人だけでなく小さいお子様でも美味しく食べれる一品です😀 夏だからこそお肉や野菜をモリモリ食べて欲しいこのレシピで、皆さんが笑顔になってくれたら嬉しいです😉😊😋

    材料2人分

    • 鶏もも肉
      250g
    • じゃがいも
      150g
    • A
      大さじ2
    • A
      砂糖
      小さじ1
    • A
      塩コショウ
      少々
    • B
      オイスターソース
      小さじ1
    • B
      マヨネーズ
      大さじ3
    • B
      トマトケチャップ
      大さじ1
    • B
      砂糖
      小さじ1
    • B
      牛乳
      小さじ1
    • 1つまみ
    • 粉末パセリ
      お好みで
    • 付け合わせの野菜
      お好みで
    • サラダ油
      大さじ1
    • 片栗粉
      大さじ2

    作り方

    ポイント

    ・付け合わせの野菜はお好みで準備してください。今回はブロッコリーを使用しました。 ・じゃがいもを柔らかくするために500W4分で加熱しました。最後に蓋をして蒸し焼きにして丁度良い柔らかさでした。 ・キッチンペーパーでお肉の油を取り除くとき、くっついてしまうので、無理やり押しつぶさないで軽くふき取る感じでお願いします。 ・作り置きは冷蔵で2日間です。

    • じゃがいもの皮を剥く。 6~7mm角の棒状に切る。

      工程写真
    • 1

      水に5分間漬ける。

      工程写真
    • 2

      しっかり水を切ってからふんわりとラップをかけて、500Wのレンジで4分間加熱する。 加熱したら塩をかけて全体に行き渡るようにボウルを振ってあげる。

      工程写真
    • 3

      皮を取った鶏もも肉を食べやすい大きさに切る。

      工程写真
    • 4

      食べやすい大きさに切った鶏もも肉にA 酒大さじ2、砂糖小さじ1、塩コショウ少々を混ぜて揉む。 しっかり揉みこんだら片栗粉を全体に混ぜる。余計な片栗粉ははたき落とす。

      工程写真
    • 5

      フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、鶏もも肉を入れて揚げ焼きにする。

      工程写真
    • 6

      両面に焦げ目がつくまでしっかり炒める。

      工程写真
    • 7

      一度火を止めてフライパンの油をキッチンペーパーでふき取る。

      工程写真
    • 8

      火を止めたまま上から軽く抑える感じで油をふき取る。

      工程写真
    • 9

      じゃがいもを入れてから中火にフライパンを熱し、じゃがいもに程よく焼き色が付くまで炒める。

      工程写真
    • 10

      焦げ目が付いたら弱火にしてから蓋をして2分間蒸し焼きで中まで火を通す。

      工程写真
    • 11

      粗熱を取ってから付け合わせの野菜と一緒に皿に盛り付けてからB オイスターソース小さじ1、マヨネーズ大さじ3、トマトケチャップ大さじ1、砂糖小さじ1、牛乳小さじ1と粉末パセリをかける。

      工程写真
    レシピID

    419091

    「鶏もも肉」の基礎

    「じゃがいも」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    澤口つよし
    Artist

    澤口つよし

    日々美味しいレシピを研究し情報発信している澤口と申します。 今まで健康と向き合うことで10キロのダイエットをし、2度の禁煙を成功させて、IgE値の改善でアレルギーの症状が良くなりました。 この経験から食事の大切さを感じました。そこで料理をする楽しさも知りました。 食材の良さを引き出し、味にこだわって美味しい料理を考案しています。 私のレシピでみんなが笑顔になってくれたら幸いです😉😊😋

    「料理家」という働き方 Artist History