Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. とろとろ白菜のうま塩スープ【#冷蔵庫のお掃除#おかずスープ】

    とろとろ白菜のうま塩スープ【#冷蔵庫のお掃除#おかずスープ】 25秒前

    221人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. STAUBレシピ・失敗知らず♪もち米100%の炊き方〜お赤飯

    MARIさんがレシピを投稿しました!3分前

  3. むね肉deにんにく醤油唐揚げ【#作り置き #油は大さじ3】

    むね肉deにんにく醤油唐揚げ【#作り置き #油は大さじ3】 53分前

    128人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. 生姜香る カニカマかき揚げそば

    がまざわ たかこさんがレシピを投稿しました!1時間前

  5. シンプルおいしい おろしとろろ蕎麦

    がまざわ たかこさんがレシピを投稿しました!1時間前

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

フォアグラ丼

20

2012.12.15

分類

調理時間: 20分

ID4406

cana

南仏プロヴァンンスでごちそうさま。

ふわりと仕上げたフォアグラ丼、香味野菜をたっぷりのせて味に締まりを。
ハードルが高そうなフォアグラも調理のコツさえ掴んでしまえば、外で食べるよりリーズナブルに、大きなポーションで贅沢に楽しめます。

どんぶり 時短 おもてなし

このレシピをブログで紹介する

材料(2人分)
フォアグラ 100g
椎茸 2枚
万能ねぎ 1本
せり 適量
ご飯 2膳分
小麦粉 適量
少々
コショウ 少々
粗挽き黒コショウ(仕上げ用) 適量
<タレ>
バルサミコ酢 小さじ2
しょうゆ 小さじ2
はちみつ 小さじ2
作り方
Point!
*フォアグラは室温や手の温度で溶けてしまうので、調理をする直前まで冷蔵庫に。 *外はカリっと、中はふんわり仕上げるのが理想。表面だけフライパンで焼き色をつけ、後は高温のオーブンで。焼くほどに油が出るので注意!
  1. バルサミコ酢、しょうゆ、はちみつを合わせてなめらかになるまでよく混ぜ、タレを作っておく。
  2. 万能ねぎとせりの茎部分は小口切りに、せりの葉の部分は飾り用で取っておき、椎茸は2~3mm幅に切る。
  3. フォアグラは厚めに切り、塩・こしょうをふって片面に小麦粉をまぶす。オーブンは180℃に温めておく。
  4. テフロン加工のフライパンを煙が出る位まで熱したところに、3のフォアグラを粉を付けた面を下にして入れ、2~3分きれいな焼き色がつくまでしっかり焼く。
  5. 椎茸を加え、ひっくり返して5秒ほどさっと焼いたら網に上げ、3の温めておいたオーブンで10秒ほど熱を加える。
    真ん中を指で軽く押してみてフワッとしていればOK。
  6. 椎茸を取り出して、1のタレを入れ余熱で絡める。
  7. 器にご飯を盛り、6の椎茸とフォアグラをのせ、万能ねぎとせりの茎を散らし、フライパンに残ったタレをかける。
  8. 2のせりの葉を飾り、粗挽きこしょうをふって仕上げる。
0 4
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 今年は手作りで!基本もおしゃれおせちもこれで完璧!おせち総まとめ
    今年は手作りで!基本もおしゃれおせちもこれで完璧!おせち総まとめ この特集を読む
  2. PR 【PR】スイーツを作って適度に糖を摂る
    スイーツを作って適度に糖を摂る"適糖生活"を実践しよう この特集を読む
  3. PR 【PR】スクエアプレートでモダンな食卓を演出
    スクエアプレートでモダンな食卓を演出 この特集を読む
  4. PR 【PR】レンジで簡単!アレンジしやすい「塩そぼろ」で師走の忙しさを乗り切る!
    レンジで簡単!アレンジしやすい「塩そぼろ」で師走の忙しさを乗り切る! この特集を読む
  5. PR 【作り置き・節約・詰め方・時短】お悩み解決!お弁当レシピ大特集
    【作り置き・節約・詰め方・時短】お悩み解決!お弁当レシピ大特集 この特集を読む
  6. PR 【PR】和洋中に使いやすい海の幸、北海道ほたてレシピ集!
    和洋中に使いやすい海の幸、北海道ほたてレシピ集! この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

作ったメモ

<作ったメモって?>
自分だけが見ることができるメモです。記録したメモは「作ったメモ一覧」で見ることができます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

おもてなし×ケイパー (12) 時短×いりこ (10) どんぶり×鶏肉料理 (3)
もっと見る

「フォアグラ丼 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents