Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. 包丁まな板不用!*切り干し大根と豆苗と鯖缶の中華サラダ*

    包丁まな板不用!*切り干し大根と豆苗と鯖缶の中華サラダ* 1分前

    173人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. ちくわとピーマンのおかかバターきんぴら【#冷凍保存#お弁当】

    ちくわとピーマンのおかかバターきんぴら【#冷凍保存#お弁当】 3分前

    154人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. *しそとしらす入り和風コールスロー*

    *しそとしらす入り和風コールスロー* 3分前

    105人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. ねぎまみれの鶏唐【#冷凍保存#揚げない#冷製おかず】

    ねぎまみれの鶏唐【#冷凍保存#揚げない#冷製おかず】 9分前

    127人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. やみつき*ごまニラチキン*

    やみつき*ごまニラチキン* 10分前

    244人がこのレシピをお気に入りにしました!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

絹さやと小松菜とにんじんのゴマ酢和え

20

2014.03.28

分類

調理時間: 20分

ID114416

hiromi

笑顔溢れる食卓を

絹さやのシャキシャキっとした食感を楽しめるゴマ酢和えです。香ばしいすりゴマにさっぱりとしたお酢が効いています。

さやえんどう(絹さや)

このレシピをサイトに埋め込む

材料(4人分)
絹さや 80g
にんじん 80g
小松菜 80g
適量
すりごま(A) 大さじ1杯
上白糖(A) 小さじ2杯
醤油(A) 大さじ1/2杯
穀物酢(A) 大さじ1杯
作り方
Point!
絹さやは茹ですぎると、シャキっとした食感がなくなってしまうので茹ですぎには注意です。
  1. 絹さやは筋を取り、斜め半分に切ります。
    にんじんは3cm長さのせん切りにします。
  2. 鍋に湯を沸かし、塩を入れ野菜を茹でます。小松菜は茎から茹で、やわらかくなったら葉も入れ茹でます。絹さや、にんじんも茹でます。
    茹で上がったらザルにあげ、冷まします。
  3. 茹でた小松菜は3cm長さに切ります。
  4. Aの材料を合わせ、絹さや、にんじん、小松菜を和えます。
2 34
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】おしゃれで機能的なグラスと一緒に、手作りの「お酒」と「おつまみ」を
    おしゃれで機能的なグラスと一緒に、手作りの「お酒」と「おつまみ」を この特集を読む
  2. PR  【PR】実は洋風おかずの味付けにも使える!あごだしつゆで作る簡単おかず
    実は洋風おかずの味付けにも使える!あごだしつゆで作る簡単おかず この特集を読む
  3. PR 【PR】カツオに野菜とチーズで華やか洋風ちらし♪チーズで美味しいアスリートごはん
    カツオに野菜とチーズで華やか洋風ちらし♪チーズで美味しいアスリートごはん この特集を読む
  4. PR 【PR】包丁不要&レンジで簡単!「ささみとオクラナムル」
    包丁不要&レンジで簡単!「ささみとオクラナムル」 この特集を読む
  5. PR  【PR】フライパン1個だけでできるパンのレシピ!サーモスの取っ手のとれるフライパン
    フライパン1個だけでできるパンのレシピ!サーモスの取っ手のとれるフライパン この特集を読む
  6. PR 【PR】具沢山パッタイ風そうめんでタイ気分♪BRUNO crassy+で楽しむライブ感ある食卓
    具沢山パッタイ風そうめんでタイ気分♪BRUNO crassy+で楽しむライブ感ある食卓 この特集を読む
  7. PR 【PR】お弁当のおかずの味付けも簡単に。「京風割烹 白だし」で美味しい食卓を。
    お弁当のおかずの味付けも簡単に。「京風割烹 白だし」で美味しい食卓を。 この特集を読む
  8. 華やか&毎日の簡単弁当レシピ
    華やか&毎日の簡単弁当レシピ この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

さやえんどう(絹さや)×鶏肉 (3)
もっと見る

「絹さや 」に関するレシピ

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents