Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. 大根とツナのごまマヨサラダ

    大根とツナのごまマヨサラダ 14分前

    107人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. *豚こまもやしチーズお焼き*小麦粉不要!卵不要!

    *豚こまもやしチーズお焼き*小麦粉不要!卵不要! 20分前

    119人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. 3分de超特急おつまみ『やみつき♡アボカドのポン酢だれ漬け』

    3分de超特急おつまみ『やみつき♡アボカドのポン酢だれ漬け』 21分前

    138人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. 長いものとろとろ♡中華たまごスープ【#とろみづけ不要】

    長いものとろとろ♡中華たまごスープ【#とろみづけ不要】 32分前

    206人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. *丸ごとピーマンのツナケチャ煮*簡単!ヘルシー!作り置きに◎

    松山絵美さんがレシピを投稿しました!1時間前

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

焼きりんご~♪

35

2013.10.20

分類

調理時間: 35分

ID110136

しのはら じゅんこ

sweet pepper café *recipe*

アップルベイーカーを使うと簡単に焼きりんごが出来上がります。なくても耐熱容器をアルミで覆って同じように出来ますので、ぜひ作ってみて下さい。

洋風スイーツ おもてなし シニア 記念日 子供

このレシピをブログで紹介する

材料(2個分。)
りんご 2個(芯をくり抜く)
さつまいも 適量(1㎝角)
かぼちゃ 適量(1㎝角)
ローストクルミ 適量(1/2に割る)
メープルシロップ 大さじ1杯ずつ
バター 小さじ1/2杯ずつ
キャラメル 1個(4等分にして1/2ずつ)
作り方
Point!
アップルベイカーで作ると簡単ですが、耐熱容器をアルミ箔で覆ってもちゃんと出来上がります。途中(30分前後)で開けてみて時間を延長するか否か検討してみて下さい。しんなりしていたらokです。芯をくり抜いた穴の中には、出来るだけ詰め込んで下さい。
  1. りんごを芯抜きでくり抜く。芯抜きが無い時は、ナイフなどでくり抜く。オーブンを190℃に予熱する。
  2. アップルベイカー(または耐熱容器)に入れ、くり抜いた穴の中に、さつまいも・かぼちゃ・クルミを適量詰めて、上からメープルシロップをかける。
  3. その上にバターをのせて...
  4. 蓋をして、190℃のオーブンで30分焼く。アップルベイカーが無い時はアルミホイルで覆って焼く。
  5. オーブンから取り出し、キャラメルをトッピングして出来上がり~♪お好みで、メープルシロップ・シナモンやシナモンシュガーなどをトッピングしてくださいね。アイスクリームを添えてもおいしいです。
2 2
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】搾りたてのコールドプレスジュースが飲める!ヒューロムの「試飲・実演体験会」
    搾りたてのコールドプレスジュースが飲める!ヒューロムの「試飲・実演体験会」 この特集を読む
  2. PR 【PR】「おめでとう」や「ありがとう」の気持ちを伝える食卓
    「おめでとう」や「ありがとう」の気持ちを伝える食卓 この特集を読む
  3. PR 【PR】作る時から会話が弾む。BRUNO crassy+で楽しむライブ感ある食卓。
    作る時から会話が弾む。BRUNO crassy+で楽しむライブ感ある食卓。 この特集を読む
  4. PR 【PR】素朴で優しい日本の味をご家庭で!「京風割烹白だし」のレシピ集
    素朴で優しい日本の味をご家庭で!「京風割烹白だし」のレシピ集 この特集を読む
  5. PR 【PR】大阪北部産野菜のかんたん&おいしいレシピ特集
    大阪北部産野菜のかんたん&おいしいレシピ特集 この特集を読む
  6. PR 【PR】家計の強い味方「鶏むね肉」でヘルシーチキン南蛮弁当!
    家計の強い味方「鶏むね肉」でヘルシーチキン南蛮弁当! この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

作ったメモ

<作ったメモって?>
自分だけが見ることができるメモです。記録したメモは「作ったメモ一覧」で見ることができます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

おもてなし×焼き豚 (13) 子供×ひき肉料理 (11) シニア×シーフードミックス (9) 洋風スイーツ×野菜スイーツ (3) 記念日×黒ごま (3)
もっと見る

「焼きリンゴ 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents