レシピサイトNadia
    主菜

    ストウブ鍋☆塩豚のポトフ

    • 投稿日2013/08/30

    • 更新日2013/08/30

    • 調理時間60

    塩豚を使い、ストウブ鍋でじっくり煮込んだポトフ。お好みの野菜でどうぞ。

    材料4人分4人分

    • 豚バラ肉
      250g
    • 粗塩(塩豚用)
      大さじ1/2
    • キャベツ
      1/4個
    • じゃがいも
      2個
    • 人参
      1本
    • かぶ
      2個
    • ローリエ
      1枚
    • タイム
      1枝
    • ローズマリー
      1枝
    • 黒胡椒
      少々
    • 少々

    作り方

    ポイント

    *豚バラ肉に塩をもみこむことで、タンパク質が分解されアミノ酸(旨味成分)が多くなり、肉も柔らかくなります。 *他にれんこんやごぼうなどを入れても美味しいです。

    • 1

      〈下準備:2〜3日前〉塩豚をつくる。 500gの豚バラ肉の塊に粗塩(塩豚用)を大さじ1程度と黒胡椒をすりこみ、キッチンペーパーで包んでラップをし、冷蔵庫で2〜3日保存する。 ※今回のレシピではこの半量を利用しています。初めから半量で作っても構いません。

      工程写真
    • 2

      下準備:当日〉 ・キャベツは1/8程度に切る。 ・じゃがいもは皮付きのまま4等分に切る。 ・人参は皮を剥いて、縦4等分に切る。 ・かぶは皮を剥いて、4等分に切る。

      工程写真
    • 3

      塩豚を2~3cmの厚さに切り、鍋にかぶるくらいの水を入れて火にかける。沸いてアクが出たら一度煮汁を捨て、再度かぶるくらいの水を入れて30分程度煮る。

      工程写真
    • 4

      野菜とローリエ、ローズマリー、タイムを加えて、軽く塩をふり、ふたをして弱火で1時間程度煮込む。

      工程写真
    レシピID

    103596

    質問

    作ってみた!

    関連キーワード

    星野奈々子
    • Artist

    星野奈々子

    フードコーディネーター。慶應義塾大学卒業。 日本IBMにてITエンジニアとして働きながら本格的に料理の勉強を始め、退社後にル・コルドン・ブルー代官山校 フランス料理ディプロマを取得。祐成陽子クッキングアートセミナーを卒業し、独立。フレンチから和食、エスニックと幅広いジャンルを得意とし、企業や雑誌のレシピ開発、フードスタイリングを中心に活躍。近著は『スープ・ポタージュ・チャウダーの本』『スープジャーでほめられべんとう』(エイ出版社刊)。

    「料理家」という働き方 Artist History