レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

鴨のロースト 茸とじゃがいものソテー

主菜

鴨のロースト 茸とじゃがいものソテー
  • 投稿日2012/12/13

  • 調理時間30(鴨肉の下準備の時間は除く)

お気に入りに追加

9

シンプルに鴨をローストしました。今回は350g程度のロース肉を使用しています。重さによって、焼き時間は調整してください。

材料2人分2人分

  • 鴨ロース肉
    1枚
  • じゃがいも
    1個
  • 舞茸
    1/2パック
  • エリンギ
    1/2パック
  • 小さじ1
  • きび砂糖
    小さじ1

作り方

ポイント

鴨肉は脂が美味しいので、肉から出た脂も無駄にしないように、じゃがいもや茸を炒めるのに使ってください。

  • 1

    【下準備】鴨ロース肉に塩ときび砂糖を表面にまぶし、一晩置く。

  • 2

    鴨ロース肉の余分な皮と脂を切り落とし、皮の表面に格子状に切り込みを入れる。

  • 3

    ストウブ鍋を中火にかけ、鴨ロース肉の皮面を下にして入れ、表面に焼き色がつくまで焼く。

  • 4

    ふたをして180℃に予熱したオーブンに入れ、15分焼く。取り出して5分程度休ませてから7〜8mmの厚さに切る。

  • 5

    【付け合わせ】じゃがいもは皮を剥いて5mmの薄切りにする。鍋に残った鴨の脂で火が通るまで炒め、塩こしょう(分量外)で味付けする。

  • 6

    舞茸、エリンギは食べやすい大きさに切り、同じように鍋に残った鴨の脂で火が通るまで炒め、塩こしょう(分量外)で味付けする。

  • 7

    【おすすめビオワイン】シャトー・ラ・バロンヌ(ブルーノ・デュシェン)のグルナッシュ・グリ・コストリソ。濃厚な赤ワインです。肉料理にどうぞ。

    工程写真
レシピID

3017

コメント

送信

関連キーワード

星野奈々子
Artist

星野奈々子

フードコーディネーター。慶應義塾大学卒業。 日本IBMにてITエンジニアとして働きながら本格的に料理の勉強を始め、退社後にル・コルドン・ブルー代官山校 フランス料理ディプロマを取得。祐成陽子クッキングアートセミナーを卒業し、独立。フレンチから和食、エスニックと幅広いジャンルを得意とし、企業や雑誌のレシピ開発、フードスタイリングを中心に活躍。近著は『スープ・ポタージュ・チャウダーの本』『スープジャーでほめられべんとう』(エイ出版社刊)。

「料理家」という働き方 Artist History