古代のチーズ*とろんと・・・おぼろげな蘇

20

2020.07.19

分類デザート

調理時間: 20分

ID 395147

…gris

Atelier gris-gris

行き場をなくした牛乳の救済レシピで文字通り蘇った「蘇」。飛鳥〜平安時代に貴族たちが食したチーズの原型とも言われます。
本来は大量の牛乳を長時間かけて褐色になるまで加熱し、乾燥させて保存できるようにしたもの。
試しにコップ一杯やわらかく作ってみたら、とろんとしてほんのり優しい甘さ。「牛乳ってこんなに甘いの?」とちょっとした感動。
夢とうつつの狭間のような味わいです。
STAY HOMEが定着しつつも忙しく時間に追われる毎日ですが、一日のうちのほんの20分、ゆるりとさまざまなことを見つめ直す時間を持てたらと思います。

    材料

    (ティースプーン1杯分)
    牛乳 200ml

    作り方

    ポイント

    表面に膜が張りそうになったら固まるまで早いので、ダマにならないように気をつけてくださいね。
    写真はローズマリーソルトを散らしています。
    そのまま味わうもよし、お塩や蜂蜜などお好みで。
    1. 牛乳をテフロン加工のフライパンに注ぎ、極弱火にかけてゴムベラでゆっくり混ぜながら加熱する。
      約20分でまとまりティースプーン1杯分のトロッとした塊になります。
    2 19

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    ※つくメモは順次アプリのみのサービスに移行します。詳しくはこちら。

    お気に入り度

    レシピの関連キーワード Keywords

    チーズ チーズ フライパン 子供 子供に人気 牛乳 簡単

    このレシピをサイトに埋め込む

    「チーズ 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは