レシピサイトNadia
    主食

    玄米とトマトの焼きリゾット。

    • 投稿日2015/09/11

    • 更新日2015/09/11

    • 調理時間30

    パルミジャーノ•レッジャーノの外皮を煮込むときに使い、中身はかち割りにして豪快に混ぜ旨味と風味を活かし相性の良いバルサミコ酢と胡桃を仕上げに掛けてさらに表面はカリッと焼き色をつけたリゾットです。

    材料1〜2人分

    • パルミジャーノ•レッジャーノ
      65g
    • パルミジャーノ•レッジャーノ(外皮)
      10g
    • 玄米
      1合
    • 玉ねぎ
      1/2個
    • エリンギ
      30g
    • バター
      30g
    • 生ハム
      30g
    • トマト(湯剥く)
      1個
    • 300cc
    • 胡桃
      適量
    • バルサミコ酢
      小さじ1
    • バジル
      1〜2枚
    • 黒胡椒
      小さじ1/2

    作り方

    ポイント

    お米の硬さはアルデンテが理想ですが、玄米は白米より硬いので作ってる工程で食べてみて硬かったら水を足してくださいね。

    • パルミジャーノ•レッジャーノは外皮を削り取り中身はアーモンドナイフでかち割る。玄米は軽く洗い水気を切り、玉ねぎはみじん切りにしエリンギは半分に裂いて小口切りにし、生ハムは1cm幅に切りトマトは半分にし種を取り除き1cm角に切る。

    • 1

      手鍋を中火で火をつけ玉ねぎとエリンギを軽く炒め火が通ったら玄米とパルミジャーノの外皮を入れ軽く合わせ温まったら水を数回に分けて入れかき混ぜながら玄米が程よい固さになるまで弱火で煮込む。

      工程写真
    • 2

      火を中火にし、1にトマトを軽く潰しながら入れ混ぜ、生ハムとパルミジャーノ•レッジャーノ(内60g)をいれ火を止めて全体が固まってくるまでよく合わせる。

      工程写真
    • 3

      2を器に盛り(ココットなどに型取ってから乗せると良い)全体に残りのパルミジャーノ•レッジャーノを削ったものを散らし表面をガスバーナーかオーブンで軽く焼いて周りにバルサミコ酢をかけ黒胡椒と胡桃を散らし余った具材とバジルを乗せる。

      工程写真
    レシピID

    131229

    質問

    作ってみた!

    関連キーワード

    kei
    • Artist

    kei

    料理研究家。 神奈川県鎌倉市出身。明治11年創業の老舗・神奈川県箱根町「箱根富士屋ホテル」でフレンチの修行を積んだ後、俳優としてドラマ、映画、舞台などに出演。その傍ら、「調理師免許、フードコーディネーター認定書を取得して、料理家に転身。男性から女性に向けたおもてなし料理「僕の番ごはん」をはじめ、雑誌・テレビなどの各メディアや企業へのレシピ提供、フードイベント出演など、幅広く活動する。

    「料理家」という働き方 Artist History