レシピサイトNadia

    パン・ヴィエノワ♪

    パン・ヴィエノワ♪

    お気に入り

    32

    • 投稿日2014/05/14

    • 更新日2014/05/14

    • 調理時間0

    フランスパン粉を使っていますので、クラストはサクサク、クラムはふんわりのおいしいパンです^^ ハムやソーセージ、卵、野菜をはさんでワックスペーパーに包めば、お出かけにもぴったりのサンドイッチになります♪

    材料8個分

    • フランスパン粉
      250g
    • 5g
    • 三温糖orカスナード
      16g
    • インスタントドライイースト
      4g
    • バター
      20g
    • 牛乳
      100g
    • 55~60g
    • 13g
    • 溶き卵(仕上げ用)
      分量の卵ののこり

    作り方

    ポイント

    フランスパン粉は今回リスドールを使っていますが、強力粉200gと薄力粉50gでも代用できます^^

    • 1

      手ごねの場合) ボールにフランスパン粉、塩、三温糖、イーストをいれてよく混ぜる 水、卵、牛乳をよくまぜたものを合わせてボールの中で指をたてながら、混ぜ合わせる→均等なかたさになったら台にうつしてこねる→

    • 2

      つながったらバターをのせて、四方をバターをつつむようにしてかくして、台の上でこねるグルテンの膜がうすくはったような状態になったら、ボールに生地をいれて、ラップをして一次発酵をあたたかいところで40分くらいとる(2倍くらいに発酵すればOK)

    • 3

      HBの場合) 粉、三温糖、塩、インスタントドライイーストをいれて、牛乳、水、卵を混ぜた水分を流し入れ8分こねる→バターをいれてのこり7分こねる →そのまま1次発酵40分

    • 4

      ボールから生地をだして軽くガス抜きして総量をはかり、8で割って1個分の重さを計算して、カードできりわけながら8分割する→丸め直してベンチタイムを15分とる

      工程写真
    • 5

      とじ目を上にして軽く打ち粉をし手のひらでかるくつぶす

      工程写真
    • 6

      ↓1/3をおり、上1/3をおって、同時にしっかり生地内のガスをぬいていく

      工程写真
    • 7

      6をまた二つ折りにして、手のひらで生地を転がして15~18cmくらいの棒状にととのえる→とじ目を下にしてクッキングシートをしいた天板にのせる

      工程写真
    • 8

      卵をはけでぬり、はさみで均等に横に切り込みをいれる (卵はたくさん刷毛につけるとたれて焦げの原因になって、見た目にも悪いのでしっかりと卵をきってからうすくぬる)

      工程写真
    • 9

      最終発酵を35度くらいのあたたかいところで、乾燥しないようにしながら40分くらい発酵させる→ 200度で5分190度で6分焼く うちはガスオーブンの温度設定です^^ 電気オーブンの場合は10度アップくらいの設定が良いかと思います^^

      工程写真
    レシピID

    115380

    コメント

    送信

    関連キーワード

    Makono
    Artist

    Makono

    パンを焼いたり 料理をしたり レシピを考えたり … 毎日の暮らしの中の自分の足跡が 地図になっていくといいな と思います

    プロフィールへ
    「料理家」という働き方 Artist History