レシピサイトNadia
    主食

    【炊飯器で簡単】子どもと楽しめる!スパイシージャンバラヤ

    • 投稿日2019/02/10

    • 更新日2023/02/18

    • 調理時間70

    炊飯器一つで簡単! スパイシーな味が魅力的なジャンバラヤです。 辛みは抑え、子どもでも食べやすい味付けにしました。 グリルしたチキンをのせ、さらに上からトマトソースをかけると、美味しさアップしますよ。 休日のランチなどはもちろん、冷めても美味しいので、お弁当に入れてもおすすめです。

    材料4人分

    • 2合
    • ウインナー
      5本
    • 玉ねぎ
      1/4個(50g)
    • スイートコーン
      50g
    • にんじん
      1/3本(50g)
    • ピーマン
      1個
    • A
      オリーブオイル
      大さじ1
    • A
      ケチャップ
      大さじ2
    • A
      顆粒コンソメ
      小さじ2(5g)
    • A
      チリパウダー
      小さじ1~2(作るポイント欄参照)
    • A
      中濃ソース
      小さじ1
    • A
      しょうゆ
      小さじ1
    • グリルチキン
      お好みで
    • トマトソース
      適量

    作り方

    ポイント

    ●今回は、象印の5合炊き圧力IH炊飯器NP-BT10を使用しています。 以下では加熱が上手くいかないケースがあることを確認しております。 お使いの炊飯器の取り扱い説明書をご参照のうえ、調理いただきますようお願いいたします。 ・3合炊きの炊飯器 ・早炊きや固め機能など、通常よりも短い時間で加熱するモード ●チリパウダーはご家庭に合わせ、お好みの量で調整してください。 子どもでも食べやすい辛さに仕上げています。 ●お好みで、レモン汁をかけて食べても美味しいです。

    • ・米は洗ってざるに取る。 時間があれば、30分~1時間程度浸水して下さい。 ・ウインナーは輪切りにする。 ・玉ねぎ、にんじん、ピーマンは1㎝角に切る。

      工程写真
    • 1

      A オリーブオイル大さじ1、ケチャップ大さじ2、顆粒コンソメ小さじ2(5g)、チリパウダー小さじ1~2、中濃ソース小さじ1、しょうゆ小さじ1の調味料をすべて合わせておく。

      工程写真
    • 2

      お釜に洗った米を入れ、2合の目盛りまで水を入れる。 A オリーブオイル大さじ1、ケチャップ大さじ2、顆粒コンソメ小さじ2(5g)、チリパウダー小さじ1~2、中濃ソース小さじ1、しょうゆ小さじ1を入れ、混ぜる。 ウインナー、玉ねぎ、スイートコーン、にんじん、ピーマンを入れる。 ※注意点:具材は混ぜ込まず、のせるだけにする。

      工程写真
    • 3

      炊飯器にお釜をセットし、通常モードで炊く。 炊けたら、全体を混ぜ合わせる。

    • 4

      お皿に盛り、お好みでグリルチキン、トマトソースを添える。

    レシピID

    372141

    質問

    作ってみた!

    • みぃ
      みぃ

      2019/02/12 07:32

      家にある材料で簡単に出来ました。美味しかったです。

    こんな「ジャンバラヤ」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているArtist献立

    関連キーワード

    松田みやこ
    • Artist

    松田みやこ

    管理栄養士・フードコーディネーター

    • 管理栄養士
    • フードコーディネーター
    • 幼児食インストラクター
    • ナチュラルフード・コーディネーター

    管理栄養士/フードコーディネーター 元保育園栄養士の経験を活かし、子育てしながらでも無理なく手軽に、子どもが喜ぶおうちごはんや子どもでもかんたんに作れるヘルシーおやつを得意としています。 <過去の主な経歴> 保育園栄養士、大手企業の商品開発の経験を経て、現在は企業様向けのメニュー提案、レシピ開発、撮影、スタイリングの他、かんたんおやつ教室「Happy Times」を主宰。 <その他の保有資格> 日本豆乳協会 : 豆乳マイスター”プロ” 一般社団法人かんたんおやつマイスター協会 : 米粉かんたんおやつマイスター、米粉かんたんシフォンマイスター ☆かんたんおやつ教室始めました☆ グルテンフリー、ヴィーガンメニューが中心の、少人数制のおやつ教室。 詳細はHPをご覧下さい。 ※レシピはより作りやすく、さらに美味しくなるよう、定期的に見直しさせて頂いております。

    「料理家」という働き方 Artist History