人を蘇らせる葉 ー赤紫蘇シロップ

10

2020.07.21

分類飲み物

調理時間: 10分

ID 395391

幸村亜美

ayurvedic recipe

シソの葉は「蘇葉」と書き、「人を蘇らせる葉」という由来があるようです。縄文時代から薬として使われていたようで、煎じて飲めば風邪の初期症状が緩和されると言われているほど。
アントシアニンが豊富で、目の疲れや、アレルギー予防、整腸作用、疲労回復、解毒効果も高く、免疫力の向上のサポートとしても非常に効能に優れています。

また、食欲増進、消化吸収を助けてくれるので、暑くて食欲が低下する夏にはピッタリです。

アーユルヴェーダ的には、紫蘇には神経を鎮める働きを持つので、イライラしやすくピッタが過剰な時におすすめします。

    材料

    10人分
    赤紫蘇 250g
    1000ml
    甜菜糖 100g
    レモン汁 50g

    作り方

    ポイント

    色合い的に分かりづらいのですが、赤紫蘇に虫が付いていたり、土がついていたりするので、始めにしっかり洗うことが大切です。
    1. 赤紫蘇をしっかり洗い、太い茎を切り離して、細めの茎と葉をまとめて水気をギュッと絞っておく。
    2. 鍋に分量の水を入れ、沸騰したら弱火に変えて赤紫蘇を入れて3分煮出す。
    3. ザルの下にボウルを重ねて、トングなどを使って赤紫蘇のみをザルにあげる。
    4. トングなどで、赤紫蘇を押さえて赤紫蘇から出る水分を下のボウルへ絞り出す。
    5. このようにボウルに結構溜まります。

      溜まった水分を再び鍋に戻し甜菜糖を入れ溶かす。
    6. 甜菜糖がしっかり溶けたら火を止めて、レモン汁を入れて色を鮮やかにする。
      粗熱をとり、煮沸消毒をした保存瓶で保存。
    7. 出来上がった赤紫蘇シロップ大さじ3に炭酸水を合わせました。
    8. 沢山砂糖をいれているわけではないので、日持ちは冷蔵で約3ヶ月程。
    3 51

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「シロップ 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。