椎茸嫌いな子供が絶賛♡肉厚しいたけのパン粉焼き♪

15

2021.03.21

分類主菜

調理時間: 15分

ID 409397

金子美和(さとみわ)

体に優しくて美味しい♡

椎茸をあまり食べてくれなかった子供たちが
「これめちゃ旨~!」
って食べてくれた椎茸おかず。

これ以来、椎茸をみると
「パン粉焼き作って」と言ってくれるほど
好きになってくれました。

衣に味をつけておき、
肉厚の椎茸に切り込みを入れて味をよくしみこませると、美味しく仕上がります。

少量の油でOK。

最初は蓋をして蒸し焼きにして
中までしっかり火を通すと、
子供でも食べやすくなります。

最後はパン粉がカリッとなるよう
仕上げ焼きしてみてください。

何もつけなくても美味しいですよ。

    材料4人分
    椎茸(肉厚のもの) 8個
    A
    米粉 大さじ1
    A
    鶏ガラスープの素 小さじ1
    A
    50ml
    パン粉 1/2カップ
    米油(揚げ焼き用油) 大さじ2
    作り方
    Point!
    ◎肉厚の椎茸がおすすめです。
    ◎食べやすいよう軸はカットしてください。(軸はスープや炒めものに使ってください)
    ◎切り込みを入れると、食べた時に柔らかい食感で子供も食べやすくなり、
     味もよくしみこみ美味しくなります。
    ◎蓋をして蒸し焼きにして中はしっとり、
     仕上げにパン粉をカリッと焼くと美味しく仕上がります。
    1. 椎茸(肉厚のもの)の軸をカットする。
      カットした軸はスープに入れたり、オイルでアヒージョ風に炒めるとすごく美味しいです。
    2. 椎茸(肉厚のもの)の表と裏面の両方に軽く切り込みを入れる。(味をしみこみやすくします)
    3. A

      米粉 大さじ1、鶏ガラスープの素 小さじ1、水 50ml

      をボウルに入れてよく混ぜておく。
    4. 椎茸の両面にA

      米粉 大さじ1、鶏ガラスープの素 小さじ1、水 50ml

      をからめてパン粉をまぶす。
    5. フライパンに米油(揚げ焼き用油)を入れて熱し、
      衣をつけた椎茸を並べる。
      蓋をして蒸し焼きして中までしっかり火を通す。
      途中で上下を返して両面焼く。
    6. 中までしっかり火が通ったら蓋をとり、
      カリッとなるよう仕上げ焼きする。
    4 139
    コメント・感想 Comment
    makiko harasawa さん
    2021.04.27 20:42

    余ったしいたけ、どうしようと思って作ったのですが、美味しくて、大好評!追加でしいたけかいました^_^

    金子美和(さとみわ)
    金子美和(さとみわ) さん
    2021.04.27 22:58:13

    はじめまして♬大好評のコメントありがとうございます♡お口にあってよかったです^^また椎茸が余ったときにぜひ作ってみてくださいね☆

    ジャスミン さん
    2021.03.30 20:30

    すごく家族に好評でした。パン粉のカリカリで香ばしいのが特に気に入ったようです。 椎茸のジューシーさと軽い味付けがとても美味しかったです。

    金子美和(さとみわ)
    金子美和(さとみわ) さん
    2021.03.30 20:29:35

    ジャスミンさん、こんばんわ。ご家族に好評で良かった~♡とっても嬉しいコメントありがとうございます!

    感想をもっと見る(ログイン)

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「揚げ焼き 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。