Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. 小松菜と豚バラの塩しょうが蒸し【#簡単 #時短 #お弁当】

    小松菜と豚バラの塩しょうが蒸し【#簡単 #時短 #お弁当】 5分前

    138人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. やみつき♡にんじんの塩昆布ナムル【#ポリ袋 #食材ひとつ】

    やみつき♡にんじんの塩昆布ナムル【#ポリ袋 #食材ひとつ】 6分前

    185人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. 野菜たくさん♪豚ひき肉のチャプチェ

    野菜たくさん♪豚ひき肉のチャプチェ 8分前

    184人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. えのきのうま塩ナムル【#包丁不要 #レンジ #食材ひとつ】

    えのきのうま塩ナムル【#包丁不要 #レンジ #食材ひとつ】 8分前

    109人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. 【基本の和食】牛丼(動画あり)

    【基本の和食】牛丼(動画あり) 11分前

    牛肉をさっと湯がいて冷水につけただけで臭みがとれて、とても美味しくできました! 下ごしらえの大切さを感じましたー! 子供にも大好評です。週末また作ります!ありがとうございます!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

わらびのあく抜き

5

2014.05.24

分類副菜

調理時間: 5分

ID115551

管理栄養士旬菜料理家 伯母直美

管理栄養士 伯母農園の旬菜レシピ

わらびのあく抜きは難しくありません!

野菜のおかず おふくろの味

このレシピをブログで紹介する

材料(作りやすい分量)
わらび 300g
重層 小さじ1
熱湯 2L(蕨がかぶるまで)
作り方
Point!
重層がない場合は、小麦粉と塩で代用もできます。 長期保存の場合は ①冷凍 ②塩をして塩蔵 ③ザルに並べて干しわらびにする。
  1. わらびを水洗いして、黒くなった軸を少し切り落とす。バットなどに蕨を並べ、重層(タンサン)と熱湯を注ぐ。
    わらびはかぶるぐらい熱湯を注いでください。
  2. 冷めるまでそのまま放置する。
    この時に決して蓋をしないでください。熱が通り過ぎで柔らかくなり、色も悪くなります。もしありましたらフキの葉のような大きな葉をかぶせる程度でいいですね。
  3. 冷めたら水でよく洗い、きれいな水につけて冷蔵保存する。
    長期保存の場合は
    ①冷凍
    ②塩をして塩蔵
    ③ザルに並べて干しわらびにする。
1 13
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】搾りたてのコールドプレスジュースが飲める!ヒューロムの「試飲・実演体験会」
    搾りたてのコールドプレスジュースが飲める!ヒューロムの「試飲・実演体験会」 この特集を読む
  2. PR 【PR】「おめでとう」や「ありがとう」の気持ちを伝える食卓
    「おめでとう」や「ありがとう」の気持ちを伝える食卓 この特集を読む
  3. PR 【PR】作る時から会話が弾む。BRUNO crassy+で楽しむライブ感ある食卓。
    作る時から会話が弾む。BRUNO crassy+で楽しむライブ感ある食卓。 この特集を読む
  4. PR 【PR】素朴で優しい日本の味をご家庭で!「京風割烹白だし」のレシピ集
    素朴で優しい日本の味をご家庭で!「京風割烹白だし」のレシピ集 この特集を読む
  5. PR 【PR】大阪北部産野菜のかんたん&おいしいレシピ特集
    大阪北部産野菜のかんたん&おいしいレシピ特集 この特集を読む
  6. PR 【PR】家計の強い味方「鶏むね肉」でヘルシーチキン南蛮弁当!
    家計の強い味方「鶏むね肉」でヘルシーチキン南蛮弁当! この特集を読む
コメント・感想 Comment
築山紀子 さん
2016.04.12 06:32

アク抜きの仕方が分からなかったので、参考になりました♡ありがとうございます^^綺麗にアク抜きできました★

管理栄養士旬菜料理家 伯母直美
管理栄養士旬菜料理家 伯母直美 さん
2016.06.21 23:01:31

お役に立ててよかったです♪毎年2キロ以上あく抜きしています。

感想をもっと見る(ログイン)

このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

作ったメモ

<作ったメモって?>
自分だけが見ることができるメモです。記録したメモは「作ったメモ一覧」で見ることができます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

おふくろの味×黒砂糖 (3) 野菜のおかず×無限きゅうり (3)
もっと見る

「わらび 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents