ジブリ飯を科学する「ハウルのベーコンエッグ」

10

2022.01.07

分類主菜

調理時間: 10分

ID 428618

こじまぽん助

分子調理学研究家/ビデオグラファー

ジブリ飯を科学の視点で"よりおいしく"。シンプルな料理こそ、こだわると味に差が出ます。

    材料

    2人分
    ベーコン 3枚(厚切り)
    たまご 3個
    オリーブオイル 大さじ2

    作り方

    ポイント

    ①液体燻製について
    ②焼き色の付け方
    ③たまごの割り入れ方
    1. ベーコンを7mm程度の厚さに切り出し、
      キッチンペーパーで水分をよく拭き取る。
    2. 「ベーコン」
      7mm厚程度に切ったものを。
    3. 「キッチンペーパーで水分を拭き取る」コツ①
      市販のほとんどのベーコンは液体燻製。水分が多いので拭き取ることで跳ねなくなる
    4. 「オリーブオイル」
      焼き色をつけたいので、ある程度多めにしきます。
    5. 「表面を下にしてベーコンを並べる」コツ②
      ここではまだ火はついていません。
    6. 「焼く」コツ②
      パチパチ鳴り出すまでは強火。その後は終始弱めの中火で。こうすることでほとんど跳ねることなく焼けます。
    7. 「たまにひっくり返す」コツ②
      何度もひっくり返しながら"表面に強めに"焼き色をつけていきます。
    8. 「目指すべき状態」コツ②
      表面にしっかり焼き色がついた状態。ただし、裏面は弱めの焼き色にとどめて。
    9. 「端に寄せる」
      目玉焼きのスペースを作ります。この後も裏面を焼き続けることになるので"焼き色弱め"にしておくべきなんです
    10. 「たまご」コツ③
      なるべく低い位置から、そ〜っと割り入れます。こうすることで黄身がふっくら仕上がります。
    11. 「箸で押さえて黄身の位置を調整する」
      実は、黄身の位置は調整できるんです。しばらく押さえていると位置が固定できます。
    12. 「白身がある程度固まったら」
      白身が固まるまで、このままの状態で粘ります。
    13. 「ベーコンを取り出す」
      ここでベーコンを取り出して、目玉焼きの仕上げに入ります。
    14. 「フライパンを傾けて油をかける」
      ベーコンに味負けしないように、白身に焼き色をつけたいんです。
    15. 「こんな感じ」
      多少、黄身にかかってもOK。とにかく熱々の油をかけます。
    16. 「揚げ焼き」
      イメージ的には"部分的に揚げ焼き"にする感じです。
    17. 「目指すべき状態」
      こんな感じで白身のふちにしっかり焼き色がついたらOK
    18. 「完成」
      こんな感じで盛り付けたら、ジブリの世界です。
    8 83

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    ※つくメモは順次アプリのみのサービスに移行します。詳しくはこちら。

    お気に入り度

    レシピの関連キーワード Keywords

    卵焼き ベーコン オリーブオイル

    このレシピをサイトに埋め込む

    「卵焼き 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは