鮎めし

30

2015.04.08

分類主食

調理時間: 30分(浸水時間除く)

ID 126586

がまざわ たかこ

ほっこり おいしい ふるさとごはん。

鮎の旨みと香りがたまりません。
『香魚』とも呼ばれる鮎。
大分県中津の郷土料理に習って、薬味は入れてません。
鮎そのものの美味しさが味わえるご飯です。

    材料(4人分)
    2尾
    小さじ1
    2合
    380cc
    A
    醤油 小さじ1
    A
    大さじ1
    A
    昆布茶 大さじ1
    作り方
    Point!
    冷めると鮎の身がほぐしにくいので、あたたかいうちにしてくださいね。
    電気炊飯器の場合は目盛通りの水加減で良いです。
    今回は内臓を取ってますが、面倒な方はまるごと入れ込んで炊き上がってから除いても良いです。
    1. ●米は洗い、水気を切ってから分量の水で浸水します。

      ●鮎は包丁で軽くしごき、ぬめりとうろこを取り水洗いしてから水気をふきとります。
      (今回は腹に切り込みを入れ内臓を除いてから水洗いしてます。開くことで、ご飯により味が染みやすくなります。)
    2. 下処理した鮎に塩をふり、こんがり焼き色が付くまで焼きます。
      (中まで火が通っていなくても良いです)
    3. 浸水しておいた米にAの調味料を入れて混ぜ、1の鮎をのせてルクルーゼで炊きます。

      ★目安として
      蒸気が上がるまで強火(4分)→その後蒸気が出続けくらいの火加減(中弱火で8分)→火を止めて蒸らし(10分)

      火力や、水の温度や、内容量で多少変わりますので調整してみてください。
    4. 炊き上がったら、鮎を取り出して頭と骨を除き、あたたかいうちに身をほぐします。
      ご飯はシャリ切りしてから鮎の身を戻し入れます。
    3 5
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「鮎 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。