レシピサイトNadia

    ハロウィンに♡かぼちゃバーガー&ちぎりパン

    主食

    ハロウィンに♡かぼちゃバーガー&ちぎりパン

    お気に入り

    24

    • 投稿日2018/10/28

    • 更新日2018/10/28

    • 調理時間30(捏ね、発酵、焼き時間を除く)

    ホームベーカリー使用で作ったかぼちゃ生地で焼いた、かぼちゃパン&ちぎりパンです。かぼちゃパンはハンバーガーにしました。

    材料4〜6人分

    • A
      強力粉
      250g
    • A
      バター
      10g
    • A
      砂糖
      大さじ2
    • A
      スキムミルク
      大さじ1
    • A
      小さじ1
    • A
      かぼちゃ
      50g(加熱してマッシュした物)
    • A
      ドライイースト
      小さじ1
    • ハンバーグ
      4個(ちぎりパン用に小1個)
    • レタス
      適宜
    • トマト
      スライス4枚
    • ベーコン
      4枚
    • スライスチーズ
      4枚
    • マヨネーズ
      適宜
    • ケチャップ
      適宜
    • マスタード
      適宜

    作り方

    ポイント

    かぼちゃパンのレシピ(分量、形成など)を中心に書いたのでハンバーグの作り方は(レシピ)省略しています。挟む具はお好みでOKです!アレンジの参考になれば。もちろん、手を加えず かぼちゃパンそのままでも♡

    • 1

      A 強力粉250g、バター10g、砂糖大さじ2、スキムミルク大さじ1、塩小さじ1、かぼちゃ50g、ドライイースト小さじ1の材料をホームベーカリーに入れ、かぼちゃのパン生地を作る。(1次発酵まで終了)

      工程写真
    • 2

      スキレットに小さく丸めた生地を6個 うち1個には小さめの耳をつける。 残りの生地は等分して 丸く形成したら、強力粉(分量外)をまぶしたタコ糸を 3〜4本結んだらOK。 (発酵するので少し緩めに結んでください) ちぎりパンにのせる用の 小さめかぼちゃパンも1個形成。 霧吹きして、二次発酵。 (暖かい場所かオーブンの発酵機能で30〜40分)

      工程写真
    • 3

      強力粉を茶漉しなどで振いかけて 150〜160度で13〜15分程度焼いたら出来上がり。(途中焦げそうならアルミホイルをかけて)

      工程写真
    • 4

      タコ糸をそっと外して、かぼちゃの種を刺してヘタを作ります。(パンは柔らかいので下から支えるようにそっと持ち上げて少しずつ外してください)

      工程写真
    • 5

      かぼちゃパンは半分にスライスしたら、マヨネーズを塗る。

      工程写真
    • 6

      レタス、トマトをのせる。

      工程写真
    • 7

      ハンバーグをのせたら、ケチャップとマスタードを塗り焼いたベーコンとスライスチーズをのせる。

      工程写真
    • 8

      パンでサンドしてピックを刺したら出来上がり!

      工程写真
    • 9

      ちぎりパンは1個のパーツをプーさんにして、小さめハンバーガーに。 真ん中には小さめのかぼちゃパンをのせました。

      工程写真
    レシピID

    367828

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    のりP (noripetit)
    Artist

    のりP (noripetit)

    *料理研究家 *野菜ソムリエ *冷凍生活アドバイザー *フードアナリスト 【おうちごはんを楽しく♪簡単・時短レシピで美味しく】 *Ameba公式トップブロガー *クックパッドアンバサダー2021 子育て期、また仕事×家事を両立する中で培った【20分で出来る献立】を中心とした【5分・10分・15分】で作れる初心者さんOK!の簡単・時短レシピをメインにご紹介しています。 ※20分は早炊きでご飯を炊く時間の目安です。ごはんが炊けたら「いただきます」♡ 【ズボラでも美味しく!】【手抜きでも手抜きに見えない】そんなひと皿をテーブルに。 その他、得意ジャンルは 【簡単おやつ&スイーツ】 【ワンプレート&おうちカフェごはん】 おやつ&スイーツは シンプルな<材料>で、なるべく<工程を少なく>初心者さんでも「作れそう!」と思ってもらえる物をメインにご紹介しています。 普段使いの家庭で作るお菓子は ・食べ残しの出ない【食べきりサイズ】 ・毎日食べても安心な【カロリー】 などを意識して作るようにしています。 神奈川県在住 現在は夫と2人暮らし。 一男一女、2児の母。

    「料理家」という働き方 Artist History