レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

バスマティライス風サフランライス レトルトカレーでおもてなし

主食

バスマティライス風サフランライス レトルトカレーでおもてなし
  • 投稿日2016/10/02

  • 調理時間5(※加熱時間を除く。)

お気に入りに追加

18

皆さんが普段食べているようなレトルトカレーを使って、ちょっとオシャレなおもてなし料理が出来ちゃう方法がこのレシピです。サフランでイエローカラーを出し、しかも、水分を減らして故意にパラパラ感を出して炊いてあるのでカレーとよく合うのです。カレーは、作ったものでも、レトルトカレーでも、どっちにしても、見映えはバル風~♪  

材料2人分

  • レトルトカレー 
    お好きな種1~2袋
  • 米 
    1.5合
  • 水 
    230ml
  • アーモンドスライス 
    25g
  • レーズン 
    25g
  • 塩 
    小さじ1/4
  • バター 
    5g
  • サフラン 
    1つまみ
  • ローリエ 
    1枚

作り方

ポイント

水分を少なくしてパラパラ感を出すことでサラッと食べれる味になります。海外風といったテイスト!バスマティライスというのは、タイ米に似た種の海外のお米の品種のことです。

  • ①米は水で洗ってよく研いでからザルにあげて水気を全て切ります。 (※すっきり乾燥させるのがベスト。) ②レトルトカレーは、所定の方法で温めておく。 ③あらかじめ、黄色いサフラン水を作っておきます。水230mlをボールに入れてサフランを投入し、30分ほど置いて黄色く着色しておきます。 (※パラパラなライスに炊き上げる為に水の量を少なくしてあります。) ④アーモンドスライスはトースターで軽くローストしておきます。  

  • 1

    炊飯器の釜に下準備①の米を投入し、下準備③のサフラン水を投入します。

  • 2

    1に塩、ローリエを加えて少し混ぜて炊飯器のスイッチを押して炊き上げます。  

  • 3

    炊き上がったらローリエを取り除いてバターを加えて全体にまんべんなく混ぜ込んでいきます。(ツヤ出しの為)  

  • 4

    最後にレーズンと下準備④のアーモンドスライスを加えて混ぜます。

  • 5

    お皿に『バスマティライス風サフランライス』をよそってから横にレトルトカレーを添えます。

レシピID

143298

コメント

送信

関連キーワード

豊田 亜紀子
Artist

豊田 亜紀子

家庭料理研究家&クリエイター 料理教室 Pinkish Rose Club 主宰 <フード資格> 野菜ソムリエ アスリートフードマイスター 薬膳アドバイザー スパイス香辛料アドバイザー スパイスインストラクター メディカルハーブカウンセラー ハーブライフインストラクター <その他の資格> パーソナルカラーアナリスト/イメージコンサルタント/ 実用英語検定準1級/日商簿記2級/華道師範 <自己紹介> 日本と世界の家庭料理(アメリカ料理専門)、及び、スパイスとハーブ料理のレシピをご紹介しております。 40~50代の主婦層を中心に支持されている二児の母。 Hiphop・Jazz・R&B・Soul music lover♡ <現在の活動> 大手食品メーカーのスパイスレシピ開発をメインに活動中。 また、カラーイメージコンサルタントとして、色彩を整えることに特化しており、料理の全体構成・企業様のブランディングのイメージメイキング作成のお手伝いを致します。 また、経済、会計等の知識も持ち合わせております。 <注記> 統計を正しく把握するため、自身のブログ及び各サイトにおいてもフォローを『0』数値に設定しており、相互フォローは一切行っておりません。宜しくご了承下さい。

「料理家」という働き方 Artist History