実山椒から作る魔性のオイル

120

2021.06.11

分類調味料

調理時間: 2時間 0分

ID 414478

aki

bonbonTable

毎年この季節を待ちわびて山椒オイルを作る。
一粒ずつ枝や軸を外すのは大変だけれど、爽やかな香りに包まれるその時間さえも贅沢だと思わせてくれる、穏やかで上品な刺激。
オイルなのに爽やか、という相反する要素が虜にさせる。
チキンソテーや焼き魚、カルパッチョ、パスタ、ホクホクにふかしたじゃがいも・・・
仕上げにスプーン一杯垂らすだけですべてを次元の違う料理にしてしまう。
小粒でもピリリと辛い魔性のオイル。

    材料(購入時の量によってお作りください。)
    実山椒 100g
    熱湯 100ml
    小さじ1
    米油 1カップ
    下処理をした実山椒 20g
    作り方
    Point!
    実山椒は色が変わりやすいので買ってきたら早めに水にさらしてください。
    実山椒の下処理をした後は、手で目などをこすらないようにしてくださいね(*^-^*)
    オリーブオイルは香りが強いので、色も香りも淡い米油を使うと山椒の風味が生きてきます。
    お料理をお皿に盛り付けてから、仕上げに垂らすと風味を存分に楽しめます。

    1. <実山椒の下処理をする>

      実山椒はボウルに入れて水を替えながら洗い、30分ほどさらす。
    2. 熱湯に塩を入れて、沸騰したら弱火で7分位茹でる。
      指先でつぶれるくらいが目安。
    3. ざるにあけたら冷水にさらして、小枝や軸を取る。
      (細い軸は面倒なら取らなくても大丈夫です)
    4. 30分~1時間ほど水にさらしてあく抜きをする。
      ※水にさらす時間が長いほど辛みが抜けるのでお好みで。
      味見してえぐみが抜け、程よい辛さになったら水気を切る。

      ここまでの下処理をしておくと、冷凍で6か月くらいもちます。
      しっかり乾かしてできるだけ空気を抜いて冷凍してください。
    5. <山椒オイルを作る>
      下処理をした実山椒を米油に漬け込む。
      翌日には香りが移るので使えます。
      冷蔵庫で2週間位を目安に使い切ってください。
      使いきれる分量ずつ油に漬け込むと鮮度を保てます。
    0 30
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「オイル 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。