Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. 焼いて和えるだけのごちそう♪失敗なしのエビマヨ

    焼いて和えるだけのごちそう♪失敗なしのエビマヨ 4分前

    145人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. なすとピーマンの甘味噌そぼろ炒め【#作り置き#お弁当】

    なすとピーマンの甘味噌そぼろ炒め【#作り置き#お弁当】 12分前

    411人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. 鶏胸肉丸ごと使用♡旨味たっぷり♡海南チキン風炊き込みご飯♡

    鶏胸肉丸ごと使用♡旨味たっぷり♡海南チキン風炊き込みご飯♡ 26分前

    122人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. ポン酢と大葉のさっぱり焼きそば

    ポン酢と大葉のさっぱり焼きそば 45分前

    132人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. 茹でるより味が濃い!止まらない!焼き枝豆

    増田陽子さんがレシピを投稿しました!47分前

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

島らっきょう塩漬け

15
漬物の
人気レシピはこちら!

ランキングをもっと見る

2018.04.12

分類副菜

調理時間: 15分(漬ける時間は除く)

ID270716

はっとりみどり

かんたん元気めし!

シャキシャキと食感の良さがたまりません。島らっきょうが手に入ったらぜひ!塩分控えめ2%で作ります。

漬物 浅漬け 島らっきょう 塩漬け 漬物 簡単 らっきょう

このレシピをサイトに埋め込む

材料
島らっきょう あるだけ
2%
作り方
Point!
島らっきょうの水分が残っていると腐敗の原因になります。水はしっかりきってから仕込んでください。これまで3%、4%の塩分量で作ってみましたが、個人的に控えめの塩分が好きで2%で作っています。もし塩辛いのが苦手な場合、さらに塩の量を1.5%程度に変更して、かつお節やしょうゆをかけて仕上げる方法もあります。【例】100gの島らっきょうに対して、2%の塩分量とは2gです。
  1. 島らっきょうの白い部分が食べやすいので、写真の緑色の部分は切り落とす。※白い部分はうす皮をむきますが、むきにくい場合はあらかじめ1時間程度水に浸けておくとむきやすくなります。
  2. 白い部分の皮をむき、根を(1mm程度)切り落とし、洗って水をきる。
    ※ 時間に余裕があり晴れていれば天日干し(1時間〜半日)をして、水分をしっかり飛ばすと濃厚な風味に仕上がります。
  3. 密閉袋に、1のらっきょうと、塩(島らっきょう可食部の重さに対して2%の重量)を加えて、20〜30回程度軽く揉み込み冷蔵庫で一晩置く。
49 39
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】7月は夏カレーで気軽におもてなししてみませんか
    7月は夏カレーで気軽におもてなししてみませんか この特集を読む
  2. PR 【PR】暑い夏にも!旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾
    暑い夏にも!旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾 この特集を読む
  3. PR 【PR】お弁当に!いなば食品の食塩無添加コーン大量活用術
    お弁当に!いなば食品の食塩無添加コーン大量活用術 この特集を読む
  4. PR 【PR】暑い日に。あごだしつゆのひんやりあんかけ豆腐
    暑い日に。あごだしつゆのひんやりあんかけ豆腐 この特集を読む
  5. PR 【PR】チーズと腸活⁈Q・B・Bチーズでアスリートごはん
    チーズと腸活⁈Q・B・Bチーズでアスリートごはん この特集を読む
  6. PR 【PR】全部レンチン♪「トマトとツナコーンの冷製パスタ」
    全部レンチン♪「トマトとツナコーンの冷製パスタ」 この特集を読む
  7. PR 【PR】夏野菜×カレー!サーモスの取っ手のとれるフライパン
    夏野菜×カレー!サーモスの取っ手のとれるフライパン この特集を読む
  8. PR 【PR】BRUNO crassy+で三連休はお家サムギョプサル!
    BRUNO crassy+で三連休はお家サムギョプサル! この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

簡単×紅生姜 (26) らっきょう×鶏胸肉 (3) 塩漬け×食紅 (3) 浅漬け×鷹の爪 (3) 漬物×香味野菜 (3)
もっと見る

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents