注目ワードもやし×レンジピンチョス台湾デミグラスソースきのこ×肉

Artist History

『簡単楽しく、ちょっとおもしろく』がテーマ!

#17 小澤朋子

『簡単楽しく、ちょっとおもしろく』がテーマ!

NadiaのArtistにスポットを当て、ここでしか聞けない裏話や料理研究家さんの想いをお送りする「Artist History」。今回は、フルタイム勤務をしながら2人のお子さまを育て、そして料理家としても活躍されている小澤朋子さんをご紹介します。簡単時短ながらも、遊び心を少し加えた楽しいレシピがお得意の小澤さんに、ここまでの道のりや、料理家としての想いをお聞きしました!

2019.08.29 update

料理との出会い

ozawa

テレビアニメや絵本でよく、おばあちゃんや魔女が大鍋で何かをぐつぐつ煮ている場面が出てきますよね。小さいころからあの場面になぜかとても心を惹かれました。アニメよりも料理番組を見るのが好きな子どもで、物心ついたころから料理に興味があったんだと思います。
私の家は父子家庭で、学校で家庭科が始まった5年生くらいからは父を助けたくて家でも料理をするようになりました。それ以前にも料理が上手だった父から朝ご飯の目玉焼きやお味噌汁などを教わりながら少しずつ作っていて、あとは学校で教わったものや趣味の料理番組で見たものなどを作りレパートリーが増えていきました。
父の得意料理だったおでんとオムライスだけは父が担当することが多かったのですが、高校生の時に「お父さんより上手になっちゃったなー」と言われ、それからはその2品も私の担当になりました。父が亡くなって10年以上経ちますが、今でも作るたびに父を想い出す料理です。
父のために料理を作るようになって、「ともは料理が上手だなー」「美味しいよ」って言われるのが嬉しくて、料理が好きだと自覚したのかなと思います。

毎日大忙し!会社員、料理家、母としてのタイムスケジュールを紹介します

ozawa

現在、平日は食品メーカーで管理栄養士としてフルタイムで働いています。仕事内容はプレゼンや展示会等で自社商品の良さをお客様へアピールできるようなレシピ開発や、自社商品を使用した介護食や治療食の献立作成、およびメニュー開発など。
料理家としての活動と、2児の母としての生活もあり、平均的な1日の流れはこんな感じです。

朝晩の空き時間にはその時々で会社員仕事と料理家仕事どちらも行います。料理家としての仕事の調理作業は週末に行うことも多いです。比較的時間に余裕があるのが朝なので、Instagramには朝ご飯の写真をアップすることが多いですね。Instagramでほかの方のスタイリングや写真の技術などを見ることもとても勉強になります。

ozawa

よく「毎日忙しいでしょう!」と言われるのですが、もともと回遊魚みたいにじっとしていられない性格で…(笑)。
休日なども今日はゆっくりするぞ! と思ってもついあれこれ動き回ってしまうんですよね。幸い体力もあるので、今の生活は自分にとって実はそんなに無理がないんです。

とはいえ工夫しないとどうしても時間は足りなくなってしまいます。
家族のための時間もちゃんととりたいし、自分のやりたいこともやらないとストレスがたまっちゃいますから、無駄はなるべく省いて、完璧でなくていいものは80%の完成度でもいいから120%のスピードでやる。を心がけています。すべてに完璧を求めるのは難しいですから。

少しの工夫やひと手間でもっと楽しいご飯を!

ozawa

今は毎日夫や子どもの「美味しい!」の笑顔のために料理を作っていますが、モットーは『簡単楽しく、ちょっとおもしろく』。
平日は時短料理を作ることが多いですが、そんな中でもほんの少しの工夫やひと手間を加えることで家族が楽しく美味しく食べてくれて、体の中から健康になれるものをと心がけています。
週末はじっくり時間をかけた料理や華やかなものを作ったりもしますし、たまにお客様が来てくれるときには「ともcafé」がオープンして、手の込んだおもてなし料理も登場します。
仕事でもレシピ開発業務をしているので職場のキッチンにこもっていることが多く、基本1日中料理をしていますね(笑)。

仕事としての料理と、自分や家族のための料理

ozawa

自分や家族のためのレシピを作るときは、食べたい料理や食材から入り、この組み合わせは美味しいかも♪ こう調理すればおもしろいかも♪ とわくわくポイントを大事にして自分なりに調理方法を探ったり工夫をしたりして完成させます。
依頼をいただいてのレシピ開発は、使用する材料、ターゲット、業態、季節、調理方法などのいろいろな条件がクリアでき、なおかつちょっとおもしろいものを…と考えます。とはいえ、どちらかというとひらめき型なので時を選ばずパッと浮かぶことも多いです。
レシピはどうやって作るのかについて料理家の友人たちと話したことがあるのですが、意外とみんなそれぞれ違っていておもしろかったです。Nadiaを通じてできた友人は、会えば好きな料理話をずーっとしていられるありがたい関係です。

 

料理家、Nadia Artistとして心掛けていること

ozawa

Nadiaで活動をしている料理家の友人の話を聞きサイトを覗いてみたら、信用できる内容のすてきなレシピばかりで、写真がとってもきれいで、ぜひ私もここでレシピを発信していきたいと思いました。
実際にNadia Artistとなってからは、実際の自分の生活に合ったものの方がおすすめしやすいので、難しい材料や工程はなるべく作りやすいものにアレンジしたレシピを投稿することが多いです。
写真を撮るときも、Nadiaに載せるものとInstagramに載せる写真とは撮り方を変えていたりします。Instagramではおしゃれに、かっこよく見えるように…ということも意識しますが、Nadiaではどんな料理か分かりやすく、ごちゃごちゃしすぎず、とにかく「美味しそう、作ってみたい」と思ってもらえるような写真を心がけています。

料理家としてのこれからの目標は、こういう料理ならこの人! というエキスパートになること。現在でもいくつか「私ならでは」の強みがあると思っていますが、なんとなくあいまいだし、そこまで知識も深くないと思うのでもっと勉強したいし自信をもってアピールできるように頑張りたいです。また、今は私の作るものが家族の健康を支える大きな要素となっていると思っているので、子どもの成長に寄り添いながら食育にも力を入れていきたいです。
私の作る料理を通じて、もっともっとどこかの食卓の笑顔につながればいいなといつも思っています。

写真:高橋 しのの

小澤朋子さん、素敵な笑顔とお話どうもありがとうございました!

お気に入りのキッチングッズ教えてください!

お気に入りのキッチングッズ

◎無印良品 シリコーンジャムスプーン
もう覚えていないくらい前から毎日使っていて、今は4代目と5代目になります。(出動回数が多いので2本使ってます。)サイズ、すくう部分の形、程よい弾力、最高です! 調味料などをすくい取ったり混ぜたり、少量調理のヘラとしても使えるし、ささっと何か食べる時の私のスプーンにもなっちゃったり…(笑)。前は製品が白で、着色が気になるなあ…って思っていたらある日黒くなってました! 120点満点にお気に入りなツールです。
◎無印良品 シリコーン調理スプーン
こちらも長いこと毎日のように使っていて、今のは3代目になります。混ぜる、炒めるなどの調理がしやすい形と弾力で、程よいくぼみもあるからちょっとしたお玉の役目もしちゃいます。
◎貝印 SELECT100 T型ピーラー
料理家の友人が使いやすいとおすすめしていて、ちょうど買い換えたいなと思っていたので2年ほど前に購入。皮むきにも薄切りにも食材に沿っていい具合に剥け、本当に使いやすいし切れ味も変わらないです。手入れもしやすい形状なのが嬉しいところ。これいいよーっておススメをすると、試した人がみんな買ったよ! って報告が来るくらいの名品です。

matsuyama's profile.

小澤朋子's profile.

管理栄養士・惣菜管理士・ごはんソムリエ・フードコーディネーター、フードアナリスト。食品会社でレシピ開発、調理を担当。
料理大好き! 食べるのはもっと好き! 家族が楽しく美味しく、食べてるうちに健康になれちゃうものをといつも心がけてごはん作りをしています。忙しくても作れる簡単時短レシピが多いですが、たまに『ともcafe』がOPENしておもてなし料理が登場したりもします。少しでもごはん作りの参考になれば嬉しいです♪

これまでお聞きしたNadia Artistの記事はこちら

Artist History
お気に入りに追加
ページの先頭へ