難しい親子丼を「そぼろ」で簡単に激ウマに

15

2021.03.12

分類主食

調理時間: 15分

ID 399835

こじまぽん助

分子調理学研究家/ビデオグラファー

親子丼=難しいを払拭!
そぼろで作れば割下不要で肉の火の入りも気にしなくていいので、確実簡単絶品です!

    材料4人分
    鶏ひき肉 300g
    たまご 8個
    100ml
    ご飯 4人分
    醤油 大さじ3
    砂糖 大さじ3
    料理酒 大さじ3
    作り方
    Point!
    ①そぼろの作り方
    ②たまごはざっくり溶く
    ③たまごは2回に分けて
    1. 「鶏ひき肉」
      火を点けていない状態の鍋に入れて。
    2. 「砂糖」
      調味料も全部入れちゃいます。
    3. 「料理酒」
      調味料を入れる順番は気にせず。
    4. 「醤油」
      調味料はこれだけ。既に簡単そうでしょ?でもね、旨いんすよ。
    5. 「火を点ける」コツ①
      ここではじめて火を点けます。最初は温まるまで強火で。
    6. 「混ぜる」コツ①
      ここからが大事。2〜3膳の菜箸で、ひたすら混ぜながら"ゆっくりと"火を入れていきます。
    7. 「火を弱める」コツ①
      肉の色が変わり始めたらすかさず火を弱めます。
    8. 「混ぜ続ける」
      肉の色が完全に変わって、水分量がある程度減ったら完成です。
    9. 「目指すべき状態」
      水分量はこんな感じで、鍋を傾けたら"あ、まだあるな"ぐらいの量に。
    10. 「たまご」
      お次はたまごです。ここから先は鍋の大きさの都合で写真の分量は2人分になってます(上の材料欄は4人分)
    11. 「ごく軽く溶く」コツ②
      動画で見ていただけるとよくわかるかと。
    12. 「目指すべき状態」
      白身のドロッとした感じは完全に残った状態。
    13. 「鶏そぼろ」
      鍋orフライパンに入れて。
    14. 「水」
      たまごの火の入り方を緩やかにさせる目的で入れます。
    15. 「ひと煮立ち」
      一旦ここで煮立てます。そしたら...
    16. 「たまごを入れる」コツ③
      全量の2/3ぐらいをここで加えます。
    17. 「ごく軽く混ぜる」
      こうすることで、鍋底の方にもたまごがまわるので、一体感が出ます。
    18. 「触らずに加熱」
      ここは我慢です。
    19. 「目指すべき状態」
      鍋底の方だけ固まってる状態を目指します。ふちの方を触って"一緒に動く感"があればOK
    20. 「たまごを入れる」コツ③
      ここまで来たら、残りのたまごを入れます。
    21. 「触らずに加熱」
      仕上げは触らずに。
    22. 「目指すべき状態」
      白身がぷくぷくしてきたら仕上がったサイン!
    23. 「完成!」
      あとはご飯にのせたら完成!
      超簡単!でも超旨いから。是非。
    6 286
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「どんぶり 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。