Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. ほろっとくずれる♪鶏手羽元のオイル煮

    津久井 美知子 (chiko)さんがレシピを投稿しました!3分前

  2. チーズチキンナゲット【#作り置き #お弁当 #揚げない】

    チーズチキンナゲット【#作り置き #お弁当 #揚げない】 5分前

    122人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. スキレットで 和な抹茶フレンチトースト

    夢さんがレシピを投稿しました!19分前

  4. 【待つだけ!】長ねぎのワンポットパスタ

    Ryogoさんがレシピを投稿しました!33分前

  5. 豚肉となめこの梅おろし和え

    榎本 美沙さんがレシピを投稿しました!45分前

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

北海道の恵みいっぱいのクリームライス♪

30

2014.08.31

分類

調理時間: 30分

ID119266

平野信子

管理栄養士平野信子のみんなで美味しいレシピ帖

北海道の美味しさが詰まった、新しい1品料理♪♪ハーブの風味が効いたお肉と牛乳のまろやかさ、カリっとさせたジャガイモがアクセント!!金時豆のバターライスも必食!いろんな旨味が1皿で楽しめます♪

豚ひき肉 子供 おもてなし

このレシピをブログで紹介する

材料(3人分)
1合
バター 5g
ひとつまみ
金時豆(乾燥) 50g
A
豚ひき肉 250g
A
ウインナー(5mm角くらいに切る) 3本(60g)
A
小さじ1/4
A
小さじ1/2
A
セージ(パウダー) 適量
A
ローズマリー(パウダー) 適量
A
タイム(パウダー) 適量
玉ねぎ(みじん切り) 1/2個
オリーブオイル 大さじ1
にんにく(みじん切り) 1片分
白ワイン 大さじ2
薄力粉 大さじ2
B
牛乳 150ml~
B
生クリーム 50ml
B
粉チーズ 大さじ3
じゃがいも 1個
ブロッコリー 1/2房(60g)
パセリ 適量
作り方
Point!
【実は簡単】材料も工程も多くて大変そうですが、ごはんを炊いておいて、ルウも作っておいて、じゃがいもとブロッコリーも提供する際に再度フライパンでカリっと温めて、乗せるだけなので、実は、お客様に提供するには、素早く出来て嬉しいお料理です^^
  1. ◎アク抜き金時を作る。
    ①大正金時を3倍の水に漬ける。(約8時間またはぬるま湯で4時間)
    ②そのまま鍋に移し、強火にかけて沸騰したら、さし水を加えて、再沸騰後、ザルにあけ、煮汁を捨てて、アク抜きしておきます。
  2. ★バター金時ライスを作ります。
    洗った米を炊飯器に入れて、のメモリ通りに水を入れ、バター、塩、アク抜き金時を入れて、炊飯します。
  3. ★ルウを作ります。
    Aの材料をボウルにいれて、よく混ぜておきます。
  4. フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて、火にかけ、
    玉ねぎを炒め、軽く塩こしょうしておきます。
  5. 玉ねぎがしんなりしたら、②のお肉をどーーん、と入れて、両面こんがり焼きます。
  6. こんがり焼けたら、ざくざくーーっと崩し、白ワインを加えて、炒めたら、
    薄力粉を加えて、炒め、粉気がなくなったらBを入れて、トロミがついたら、塩コショウで味を整えます。
    ※お好みでコンソメ少々を加えても良いです。
    ※硬さは牛乳で調節して下さい
  7. ★トッピングを作ります。
    じゃがいもは丸のまま、電子レンジで蒸かして、1cm角に切っておきます。
    ブロッコリーは固めの塩ゆでにしておきます。
    ※季節によってアスパラガスもおすすめです。(写真参照)
  8. 熱したフライパンにオリーブオイル(分量外)をひき、ジャガイモを入れて、外がカリっとするまで焼いたら、塩コショウして、取りだし、同じフライパンでブロッコリーもさっと炒めて塩コショウしておきます。
  9. ★盛り付けます。
    お皿にバター金時ライスを盛り、ごろごろお肉のルウをかけ、カリほくポテトのトッピングとブロッコリーを乗せて、パセリのみじん切りを振りかければ、出来上がりです。
    ※お好みで黒コショウでも美味!!
0 2
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

作ったメモ

<作ったメモって?>
自分だけが見ることができるメモです。記録したメモは「作ったメモ一覧」で見ることができます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

おもてなし×炊き込みごはん (11) 子供×生鮭 (10) 豚ひき肉×黒酢 (3)
もっと見る

「白ワイン  」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents