レシピサイトNadia
    主食

    『喫茶店風ナポうどん』作り置きソースが決め手&ゆで時間要らず

    • 投稿日2021/08/09

    • 更新日2021/08/09

    • 調理時間10

    お気に入り

    114

    レンチンで火を使う時間を極力減らしたナポリタンうどん 暑い夏にうれしいレシピです。 家にある調味料でお店の味が目指せる自慢の味付けです。 もちろん、パスタでもおいしく召し上がれますので お好みでアレンジしてくださいね。

    材料2人分

    • 冷凍うどん
      2玉(1玉200g)
    • 玉ねぎ
      1/4個
    • ウインナー
      4本(スライスベーコン2枚でも)
    • A
      トマトケチャップ
      100g
    • A
      おろしにんにく
      小さじ1/2
    • マッシュルーム
      2個(缶詰使用/しめじ、しいたけでも)
    • ピーマン
      1個
    • B
      顆粒コンソメ
      ひとつまみ
    • B
      バター
      10g
    • B
      ウスターソース
      小さじ1/2
    • パセリ、粉チーズ
      適量
    • オリーブオイル
      小さじ2

    作り方

    ポイント

    ▶冷凍うどんは200gのものを使用しています。生麺、乾麺を使う場合の参考にしてください。 ▶パスタを使ってもおいしくできます。1.4mm程度を使う場合は乾麺で1人分100g、2.2mm極太を使う場合は1人分80gが目安です。 ▶パスタソースは工程5まで作り、冷蔵/5日、冷凍2週間保存できます。ピーマンは炒めるときに入れる方が色がきれいです。

    • ▶冷凍うどんは袋の表示時間レンジで加熱し解凍する。(生麺や乾麺でも代用できます。それぞれ準備してください)

      工程写真
    • 1

      ▶ウインナーは5mm程度の斜め薄切り ▶ピーマンは半分に切って種を取り除き、玉ねぎとともに5mm程度の薄切りに

      工程写真
    • 2

      ケチャップはmlで測るのが大変なので、gで表示しています。一般的なレシピより多めの分量になっています。多めがポイントですが、お好みで加減してください。

      工程写真
    • 3

      フライパンにオリーブオイルを入れて中火で温め、玉ねぎを入れて1分程度炒める。

      工程写真
    • 4

      A トマトケチャップ100g、おろしにんにく小さじ1/2、ウインナー、マッシュルームを加えて弱中火で2分ほどケチャップを煮詰める。 ケチャップがはねるのでご注意ください。

      工程写真
    • 5

      B 顆粒コンソメひとつまみ、バター10g、ウスターソース小さじ1/2を入れて全体を混ぜる ここまで作っておき、冷蔵5日程度保存可能。

      工程写真
    • 6

      冷凍うどん、ピーマンを加えて全体を炒め合わせる。 好みもありますが多少水分を飛ばし、ケチャップの香ばしい香りがするくらい炒めると美味です。

      工程写真
    • 7

      好みで刻んだパセリ、粉チーズをかけて完成。辛い物がお好きな方はタバスコをかけて召し上がってください。

      工程写真
    • 8

      『極上だれでパパッとごはん』全国の書店で発売中です!   新刊『極上だれでパパッとごはん』全国の発売中! ※書店にない場合はお取り寄せをお願いします。 ♡♡♡Amazon&楽天のレビューも大歓迎です♡♡♡  【Amazon】 https://www.amazon.co.jp/dp/4651200966/ 【楽天】 https://books.rakuten.co.jp/rb/16693024/ 【電子書籍版】 kindle、楽天Kobo発売中!

      工程写真
    レシピID

    418807

    質問

    作ってみた!

    レビュー(1件)
    • ぽ

      2021/08/16 09:33

      休日のお昼ご飯にピッタリです! ピーマン嫌いな子どもも、これならペロリ😋

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    「うどん」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    むっちん(横田睦美)
    Artist

    むっちん(横田睦美)

    製菓学校を卒業後、都内のパティスリーに就職。その後、業務用製菓・調理道具店に勤める傍ら料理家のアシスタントを経験。 プロの料理人やパティシエとのやり取りをするうちに、より料理への知識を深める。 食品会社での営業・パティスリー向けのレシピ開発を担当。 𓇼 永遠の東南アジアトラベラー。アジア料理は作るのも食べるのも大好き。手作りの調味料が得意です。 𓇼 「お菓子作りは"理論"と"感覚"」とはいえむずかしく考えず、誰が食べても「シンプルにおいしい!」そんな料理やお菓子を提案しています。 𓇼 2021年5月初の著書となる『極上だれでパパッとごはん』を発売。

    「料理家」という働き方 Artist History