レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

牡蠣と白菜のとろとろ白ワイン煮込み

主菜

牡蠣と白菜のとろとろ白ワイン煮込み
  • 投稿日2013/01/16

  • 調理時間30

お気に入りに追加

25

牡蠣と白菜、舞茸を白ワインでとろとろに煮込みました。

材料2人分2人分

  • 牡蠣(加熱用)
    150g
  • 白菜
    1/4個
  • 舞茸
    1パック
  • にんにく
    1片
  • 片栗粉
    小さじ1
  • 白ワイン
    100ml
  • 100ml
  • 醤油
    大さじ1
  • 適量
  • こしょう
    少々
  • 水溶き片栗粉
    水:片栗粉 1:1(水小さじ1+片栗粉小さじ1)

作り方

ポイント

【おすすめワイン】 グルナッシュ・グリ・コストリソ[2011] 造り手:シャトー・ラ・バロンヌ (ブルーノ・デュシェン) 品種:グルナッシュ・グリ100% 産地:フランス ラングドック地方

  • 1

    牡蠣(加熱用)は塩水で丁寧に洗って、キッチンペーパーで水気をとる。塩、こしょうをふり、片栗粉をまぶす。

  • 2

    白菜は食べやすい大きさに切る。 にんにくは薄切りにする。 舞茸は食べやすい大きさにほぐす。

  • 3

    フライパンに菜種油(分量外)を熱し、にんにくを入れて炒める。香りが出てきたら牡蠣を加え、両面に焼き色がついたらバットに取り出す。

  • 4

    フライパンに白菜の芯の部分を入れて塩少々をふって炒め、白ワインと水を加えてふたをして4〜5分蒸し煮にする。

  • 5

    舞茸、白菜の葉の部分を加えて、牡蠣を戻し入れ、塩少々をふって、醤油を回しかける。 再度ふたをして4〜5分蒸し煮にする。

  • 6

    白菜が十分とろとろになったら、水溶き片栗粉を水分の多いところに加えてさっと混ぜ合わせる。

レシピID

100354

「牡蠣」の基礎

「白菜」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

星野奈々子
Artist

星野奈々子

フードコーディネーター。慶應義塾大学卒業。 日本IBMにてITエンジニアとして働きながら本格的に料理の勉強を始め、退社後にル・コルドン・ブルー代官山校 フランス料理ディプロマを取得。祐成陽子クッキングアートセミナーを卒業し、独立。フレンチから和食、エスニックと幅広いジャンルを得意とし、企業や雑誌のレシピ開発、フードスタイリングを中心に活躍。近著は『スープ・ポタージュ・チャウダーの本』『スープジャーでほめられべんとう』(エイ出版社刊)。

「料理家」という働き方 Artist History