Nadia公式アプリ
お気に入り・ランキングがすべて無料

料理研究家・フードコーディネーターになるには

料理研究家やフードコーディネーターなど、食に関わる仕事に興味がある方へ! どうやってその仕事を始めればいいの? 資格は必要? など、基本的な知識をまとめました。

キーワード
なるには 資格 料理研究家 フードコーディネーター

 

料理研究家って?

料理研究家というのは、「プロとして料理を研究する人」のこと。美味しい料理とそのレシピを作り出し、人に伝えていくことが主な仕事です。

 

料理研究家の仕事

自分が研究したレシピを伝えていくにも様々な方法があります。
料理研究家の活躍の場としては、

1. 食品メーカーなどの商品を使ったレシピ開発
2. 食品などの商品開発に直接関わる
3. 料理教室や調理師養成施設での講師
4. テレビ・雑誌などのメディアへの出演
5. HP、SNS(Twitter、Facebook、Instagram、動画サイトなど)、ブログなどでの情報発信

など幅広く、自分の得意分野や強みを生かしていくことが求められます。

 

料理研究家になるには?

料理研究家になるためには特別な資格等は必要ありません。自分が料理を研究した成果をシェアしたいという気持ちがあり、経験や実績を積むことで料理研究家として認知されていくことを目指す職業といえます。

 

料理研究家になるための資格

料理研究家になるのに必要となる資格は特にありませんが、プラスアルファとして様々な資格をもって活躍している方も多くいます。代表的な国家資格としては調理師・栄養士・管理栄養士などがありますが、そのほかにも、野菜ソムリエ・フードコーディネーター・食育インストラクター・介護食アドバイザー・薬膳コーディネーターなど、食に関する民間資格も数多くあります。取得してあれば得意なジャンルについても伝えやすくなるでしょう。

また、資格ではなくても、スピード料理・ダイエット料理・スーパーフード・スポーツをする人のための料理など、より専門的な内容に特化したレシピを発表する料理研究家の方も増えています。時代に求められるメニューや、自分が将来目指す目標に沿って常に勉強し続ける姿勢が求められていると言えるでしょう。

 

料理研究家になるまでの道のり…アシスタントから独立、ブログで発信など

元々プロの料理人だった、調理師養育施設の教員、料理研究家のアシスタント、料理書籍の編集者、料理教室の講師出身など、料理研究家になるまでには、人により様々なプロセスがあります。また、最近ではSNSやブログでの発信、レシピサイトへの投稿などを続けることで料理研究家と認知される方も多くいます。

料理研究家としてのチャンスをつかむためにはいろいろな形で自分をプロデュースし、積極的に仕事としての料理に関わっていくことが大切です。

キーワード
なるには 資格 料理研究家 フードコーディネーター

おすすめコラム Recommend Column

関連コラム Related Column

コラムランキング Column Ranking

PR Public Relations

おすすめコンテンツ contents

最近見たレシピRatest Recipe more