レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

三色おにぎり弁当【幼児弁当】

主食

三色おにぎり弁当【幼児弁当】
  • 投稿日2020/03/10

  • 調理時間10

幼児でも食べやすいように工夫したお弁当です。小さな子どもは三角食べ(ごはん→おかず→飲み物を順序良く食べること)がまだ上手にできません。そこで、小さなおにぎりに鮭やほうれん草、チーズなどを混ぜ合わせて、ひとくちで色々な栄養が摂取できるようにしました。ごはんに少量のごま油を混ぜることでしっとりとするので、手でつかんでもポロポロしにくくなります。

材料1人分

  • A
    温かいごはん
    30~40g
  • A
    焼き鮭をほぐしたもの(もしくは鮭フレーク)
    少々
  • B
    温かいごはん
    30~40g
  • B
    茹でたほうれん草のみじん切り
    少々
  • B
    しらす
    小さじ1
  • B
    ごま油
    小さじ1/2
  • C
    温かいごはん
    30~40g
  • C
    プロセスチーズの角切り
    10g
  • C
    白ごま
    少々
  • C
    ごま油
    小さじ1/2

作り方

ポイント

ごはんの量はお子さんの年齢や体格、食欲に応じて量を加減してください。焼き鮭(もしくは鮭フレーク)には魚の脂が含まれるのでごま油は使用していません。茹でたほうれん草はしっかりと水気を絞ってください。しらすやプロセスチーズに塩分が含まれているので塩は使用していませんが、味をみて調整してください。

  • 1

    小さめの茶碗にA 温かいごはん30~40g、焼き鮭をほぐしたもの(もしくは鮭フレーク)少々B 温かいごはん30~40g、茹でたほうれん草のみじん切り少々、しらす小さじ1、ごま油小さじ1/2C 温かいごはん30~40g、プロセスチーズの角切り10g、白ごま少々、ごま油小さじ1/2をそれぞれ入れて混ぜ合わせ、ラップに包んでぎゅっとにぎる。

    工程写真
  • 2

    お弁当カップにそれぞれのおにぎりを入れてお弁当箱に詰める。隙間にひとくちから揚げ(ID155784をご参照ください。)や季節の果物などを詰める。

    工程写真
レシピID

387498

「ほうれん草」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

楠みどり
Artist

楠みどり

野菜ソムリエプロ、フードコーディネーター、幼児食インストラクター。レシピ開発やコラム執筆、フードスタイリングなどの仕事をしています。子どもに伝えていきたい、ほっと和む家庭料理や子どもと一緒に楽しめるおやつを提案しています。今後は親子料理教室や食育活動にも力を注いで行きたいと思っています。 2008年 野菜ソムリエ(中級)取得 2009年 祐成陽子クッキングアートセミナー卒業 2017年 幼児食インストラクター取得

「料理家」という働き方 Artist History