レシピサイトNadia

    手づくりだから安心♡材料2つ『自家製カッテージチーズ』

    副菜

    手づくりだから安心♡材料2つ『自家製カッテージチーズ』

    お気に入り

    121

    • 投稿日2019/02/18

    • 更新日2019/02/18

    • 調理時間10(水切り時間を除く)

    サラダやサンドイッチ、お菓子作りに使うカッテージチーズ。牛乳にお酢をプラスして簡単に作っちゃいましょう。 自分で作れば必要な分だけできて便利。 もろもろと固まっていく様子は実験のようで面白い!サラダや和え物にどうぞ♪

    材料

    • 牛乳
      200ml(成分無調整(低脂肪・無脂肪は不可です))
    • ひとつまみ
    • レモン汁
      小さじ2(または酢。ポッカレモン可。)

    作り方

    ポイント

    我が家ではこんなかんじで使い分けています。 「お菓子やデザートに使うとき→レモン汁」 「サラダや料理に使うとき→酢」

    • 1

      小鍋(12㎝)に牛乳と塩を入れて弱火にかけます。 強いと焦げて臭いが付くので、弱火でゆっくりと温めます。

      工程写真
    • 2

      フチがふわっと浮いてきて沸騰直前になったら火からおろします。 レモン汁を加え、鍋で円を描くようにひと回しし、そのまま粗熱を取ります。【決してへらなどで混ぜません。鍋を軽くゆするだけで大丈夫です】

      工程写真
    • 3

      しばらく置いておくと、もろもろと塊が出てきて水分と分離し始めます。 (※ここではわかりやすくガラスのボウルに移して撮影しています。)

      工程写真
    • 4

      ゆっくりとコーヒードリッパーに流して上にラップをかけ、冷蔵庫で1~2時間かけてゆっくりと水分を切ります。 時間に余裕があればひと晩おくと完璧です。

      工程写真
    • 5

      200ccの牛乳から約40gのカッテージチーズができます。 今回はサラダに少しだけ使いたかったので少量にしましたが、お好みで量を増やしてくださいね。 水の切り加減もお好みで加減してください。しっかりと水を切りたいときは、上から重り(ビニール袋に水を入れたものなど)をのせるといいですよ。あまり重いとドリッパーが破れるので注意してくださいね。

      工程写真
    レシピID

    372586

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    むっちん(横田睦美)
    Artist

    むっちん(横田睦美)

    製菓学校を卒業後、都内のパティスリーに就職。その後、業務用製菓・調理道具店に勤める傍ら料理家のアシスタントを経験。 プロの料理人やパティシエとのやり取りをするうちに、より料理への知識を深める。 食品会社での営業・パティスリー向けのレシピ開発を担当。 𓇼 永遠の東南アジアトラベラー。アジア料理は作るのも食べるのも大好き。手作りの調味料が得意です。 𓇼 「お菓子作りは"理論"と"感覚"」とはいえむずかしく考えず、誰が食べても「シンプルにおいしい!」そんな料理やお菓子を提案しています。 𓇼 2021年5月初の著書となる『極上だれでパパッとごはん』を発売。

    「料理家」という働き方 Artist History