レシピサイトNadia
    副菜

    濃厚!はまぐり茶わん蒸し

    • 投稿日2016/01/30

    • 更新日2023/08/24

    • 調理時間30

    お気に入り

    26

    貝の「おだし」がじんわりしみる茶わん蒸しです!貝だしと卵だけで作った茶碗蒸しの上にはまぐりの身をのせ、さらに「貝だしあん」をかけました。生姜が「であい」です!

    材料4人分

    • はまぐり(砂出ししたもの)
      10個ぐらい
    • 2個
    • A
      ひとつまみ
    • A
      白だし
      小さじ1
    • 白だし
      小さじ2
    • 片栗粉
      小さじ2
    • おろし生姜
      小さじ2
    • 細ねぎの小口切り
      適量

    作り方

    ポイント

    はまぐりは、口を開けたものからすぐにひきあげてください。火が通り過ぎると身が固くなってしまいます。

    • 水600mlと酒大さじ1(分量外)、はまぐり(砂出ししたもの)を鍋に入れて加熱する。はまぐりが口を開けたら取り出し身をはずす。身は、3つぐらいに切る。はまぐりだし550mlを取り置く。

      工程写真
    • 1

      卵をボウルに割りほぐし、はまぐりだし300mlとA 塩ひとつまみ、白だし小さじ1を加えよく混ぜる。茶こしで2度こす。耐熱の器に注ぎ入れる。

    • 2

      蒸気の上がったせいろ(蒸し器)を弱火に落とし、1の器を入れ12~3分蒸す。

    • 3

      貝だしあんを作る。小鍋に、貝だし200mlと白だし小さじ2を加えて加熱する。片栗粉小さじ2を貝だし50mlでとき、小鍋に加えとろみをつける。

    • 4

      蒸し上がった2の上にはまぐりの身を置き、3のあんをかける。おろし生姜と細ねぎの小口切りをとめる。

      工程写真
    レシピID

    134762

    質問

    作ってみた!

    関連キーワード

    橋本登志子
    • Artist

    橋本登志子

    料理研究家 料理教室主宰 カナダオンタリオ州滞在時に多国籍文化の料理教室に通い、料理の楽しさに目覚める。 得意料理  ひとてま料理・オーブン・スキレット料理 ジャンル  「ひとてま」家庭料理 普通に手に入る食材に「ひとてま」かけて「ごちそう」を作りたいという想いから、金沢にて自宅での料理教室を展開。新聞社や企業の料理イベントでも講師として精力的に活動中。 美味しいごはんでみんなを幸せにすることをモットーに、企業のレシピ開発やメニュー開発の仕事をメインに活動している。

    「料理家」という働き方 Artist History