レシピサイトNadia

    【あんこもち揚げパン】食パンで簡単♪サクサクもちもち♡

    デザート

    【あんこもち揚げパン】食パンで簡単♪サクサクもちもち♡

    お気に入り

    267

    • 投稿日2022/01/04

    • 調理時間20

    サクサクの食パンにもちもちのお餅、そして餡子の甘みがたまらない一品です♡ なぜかうちの夫はこの揚げパンも真夜中に作成(いつも真夜中)。「え〜〜もう夜中だよ〜」と言いながら、せっかくなので揚げたてを食べてみたら、めちゃくちゃ美味しい!夜中だということも忘れてパクパク食べてしまった一品です。お餅やあんこなど、お正月に使った食材の消費レシピとしてもおすすめですが、あまりにも美味しいのでそのためにお餅やあんこを買ってきたくなる魅惑の味です。ぜひお試しください!

    材料3人分

    • 食パン(8枚切り)
      6枚
    • あんこ
      150g
    • 切り餅
      3個
    • A
      薄力粉
      大さじ1
    • A
      大さじ1

    作り方

    ポイント

    餅は揚げてもあまり柔らかくならないので、電子レンジでしっかり柔らかくしておきます。 パンのふちに溶いた小麦粉をたっぷりつけて接着すると、中からあんこがはみ出てこないです。 サンドイッチ用食パンを使ってもいいです。

    • 揚げ油(分量外)をフライパンに注ぎ、中火で加熱し180度にする。

    • 1

      ボウルにA 薄力粉大さじ1、水大さじ1を入れ粉気がなくなるまで泡立て器などで混ぜる。

    • 2

      食パン(8枚切り)は耳を包丁でカットする。

    • 3

      食パンにあんこを1枚につき50gを薄く塗り広げる。ふち1cmくらいの余白は残す。

    • 4

      切り餅は水にくぐらせてオーブンペーパーの上に置き、600Wの電子レンジで1分20秒ほど加熱する。

    • 5

      あんこの上に柔らかくなった餅をのせ、ふちに溶いた小麦粉を塗る。

    • 6

      パンを重ね、ふちをしっかり接着する。

    • 7

      180度の油で狐色になるまで揚げる。

    レシピID

    428641

    「パン」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    おやつラボ
    Artist

    おやつラボ

    妻の好きなお菓子を作っている3歳児の父・マスターです。 お菓子と、時々我が家の定番メニューを投稿しています。 出来上がったお菓子は妻と2人(時々子供と3人)で食べています!子供が好きなケーキはスフレチーズケーキ。最近子供が「ケーキ!」と言えるようになり、成長を感じる毎日です。(ケーキがなくなると「ケーキ!!!!!」とすごい剣幕で叫び始めるので、嬉しい反面恐怖も感じる毎日・・・) 小さい頃からケーキが大好きで、お気に入りは誕生日などによく食べる銀座コージーコーナーのショートケーキでした。 そんな私がお菓子作りを始めたきっかけは、小学生の頃に母にクッキーを作ろうと思ったのがきっかけ。スプーンで落とす簡単なクッキーで、オーブンレンジもあったのにオーブントースターで焼くという、今ならそこはオーブンだろ!と言いたくなるような作り方ですが、それなりにできたと思ってます(笑) その後、朝早く起きてバターロールを作ったり、誕生日にはケーキを作るなど自分の作ったお菓子で家族が笑顔になってくれるのが嬉しかったです。 特に強敵だったのがスポンジケーキ。買った本の通りに作っても全然うまくできない…そこからスポンジの研究が始まり、毎日のように練習。そして焼きすぎてオーブンレンジが壊れました。 違う本を買ってもらって練習を続け(もちろんオーブンも買い直して😂)、やっと目標の銀座コージーコーナーのような、ふわふわなスポンジが作れるようになりました。 しばらくお菓子作りに熱中していたんですが、大学・就職を経てお菓子を作る機会が減ってしまいました。 妻(当時彼女)に初めて作ったお菓子は、ホワイトデーのお返しのカントリーマアム風クッキー。それまではそこそこ手作りお菓子を作ってくれた彼女ですが、それからは食べる専門を貫いています😋 2019年に子どもが生まれるのを機に、お菓子作りを再開しました。 子供の退院祝いのために作ったケーキを動画撮影して、記念にYouTubeに投稿したのをきっかけに、YouTubeチャンネル「Oyatsu Lab.」を始めました! Instagramへの投稿、YouTubeの動画編集は妻がしています!

    「料理家」という働き方 Artist History